Home > Team WR

Team WR

Team WRカート部、第2回カート大会に行って参りました!

カート大会と言いましても、当店で主催しているわけでもなければ、
レースがあるわけでもないんですけどね(^-^;)

4月21日(金)、宝塚カートフィールドにお邪魔して参りました!

↓画像はクリックすると大きくなります!

Team WR

8時から開始でしたが、間際になって通常業務の方がバタバタしてしまい、
到着が8時半ぐらいになってしまいました。

Team WR

まずは受付から。誓約書にサインをして・・・

Team WR

初めてご参加の方には5分ほどのDVDを観て頂きます!

Team WR

初めての方々に、経験者が熱く語っております。

Team WR Team WR

そろそろ走りますか、と皆様が準備をされ始めると、係の方から案内が。
今回も非常に人数がたくさん集まったので、初心者中級者のAクラスと上級者のBクラスに分けます!
とのことです。

Team WR

早速Aクラスが走り始められるようなので、当店の店長を筆頭に、お客様の大半が参戦するべく準備を始めます。

Team WR

手前二人、銀次と縁石アタッカーはBクラスだそうですよ?
レースカーやら愛車やらぶつけた割には、自信満々ですね!

Team WR Team WR

店長とエビちゃん。いってらっしゃい\(^o^)/
(他の方の写真も頑張って撮ったんですけど、暗くてブレブレで・・・すみません)

Team WR

皆様が意気揚々と走られている中、お仕事帰りに立ち寄って下さった尼崎在住のお客様達を発見!
今回が初めてなので、クラス分けされている旨をお伝えしたのですが、もう間もなくBクラスに交代、
というタイミングでしたので、この走行枠はニコチンの補給で終わりました(笑)

Team WR

Aクラスが終わり、Bクラスが走る番に。
最近、職場が変わって忙しくなったそうで、お店に遊びに来てくれないタコ@R32くんも到着。
上手なBクラスの方々のライン取りを2階から観察です!

Team WR

そろそろBクラスが終わりそうなので、先ほど走らなかった尼崎コンビが準備を始めました。

Team WR

もう4月も終わりだと言うのになかなか寒い山間部。
にも拘わらず、ごっつりシールドが曇ってます!!さぞ白熱した走りをしてきたのでしょう(笑)

Team WR

さて!当店のお客様の大半が参加するAクラスが始まります。スタンバイOK??

Team WR

店長と、最近お車を乗り換えて下さったエビちゃん。やる気だけは満々です(笑)

Team WR

何だかよく分かりませんが、面白い写真が撮れたので晒しておきますね!

Team WR

白いレーシングスーツを着用されていらっしゃるのが、このカート大会を主催して下さっている
DIXCELの金谷さんです!いつもありがとうございます!!

Team WR

最終は10時まで・・・と思いきや、みんな白熱しまくりで、なかなか終わることがなく・・・。
11時を目前に満足するまで走りまくった方から、順次精算。

Team WR

と!精算している時に係の方より、カウンターに山積みにされている菓子折りを指さして、
こちら、お好きなだけお持ち帰りください!!
という案内が!!!ホンマですか!?良いんですか!?後で請求とか無しですよ!?
と釘を刺しつつ(どれだけガメついんでしょうか;;;)、みんなで沢山頂戴して帰って参りました(^-^;)

カートフィールドの皆様も、お世話になりました。ありがとうございます!!

Team WR

今回、ブレブレで走っているときの写真があまりありませんでしたので、せめてヘルメット姿だけでもと
集合写真を撮ってみました。

Team WR

本当は来て下さっていたお客様、もう少しいらっしゃったんですけれども先に帰られてしまい、
残った皆様だけで記念撮影!

前の集合写真でもそうですけど、店長とエビちゃんは何をシンクロしているんでしょうかね?(笑)

Team WR

さっ、帰ろか~。解散!!
ってところでカメラを向けたら、やっぱり面白い写真が撮れました(笑)
も~~~、みんな真面目な顔してるのに、お茶目なんだから(笑)

ということで、もしもカートに興味はあるけど、一人で行くのはちょっと・・・。という方!

次回、5月12日(金)に開催予定です。Team WRもモチロン参戦、しますよ!
ヘルメットやグローブも、現地で貸出して下さいますので、身一つでお越し頂けます。
面白いメンバーばっかりです(笑)
見学だけでもオッケーです!ぜひぜひ、遊びにお越しやす☆

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

12月18日(日)ユーロカップ冬の3時間耐久レースレポート!

前日のお遊び耐久では散々な結果となってしまいましたTeam WR。

トロフィーを持って帰れなかったことがなく、ましてや未完走という経験がなかっただけに
想像もしておりませんでしたが、新しいメンバーも入り、車も細かく変更がなされ、
そうそう簡単に表彰台に登れるはずもありません。

それを改めて痛感し、気を引き締めて3時間耐久に臨みます!!

↓画像はクリックすると大きくなります!

お昼の2時には本戦が終わる予定のユーロカップ3時間耐久レース。
朝から非常にタイトなスケジュールとなっております。
とはいえ、前日に設営したテントもそのままで、準備はほぼ要りません。

そのため、前日よりも少し遅めの5時半集合で出発。無事に7時前には到着しましたが・・・。
相変わらず物凄い台数の車が待っていました。

Team WR Team WR

ゲートがオープンし、悠々とピット前へ。テントの準備は要りませんが、肝心のルポの準備は全然です。
限られた時間の中、せっせと動き回るスタッフたち。

Team WR

最長老は、朝食を取りながら高みの見物です(笑)

Team WR

セントラルサーキットへ向かう道中から分かっていましたが、この日は濃霧。
やはり現地に入っても霧は晴れず・・・もしかしたら、スタートが遅れるかも??

Team WR Team WR

車載カメラの取付に、無線の取付、セッティングの相談などなど、やることは数知れず。

Team WR

しかし時間は待ってはくれません。ドライバーズミーティングが始まります。

Team WR
Team WR

やはり霧は晴れません。

Team WR

ピットに戻ると、速そうな車がずらりと。

Team WR Team WR

マイカーもルポな留保 三男(ルポ みつを)さんを中心に、セッティングを詰めていきます。
今回はロールバーが装着され、果たしてその効果とセッティングの変更にどれだけ影響があるのか?

Team WR

シート位置を確認し、間もなく始まる10分のテスト走行と、その後およそ20分のタイムアタックに備えます。

Team WR

この度、初めてユーロカップに参戦するナイスガイくん。
まさかこの後、あんなことになるとは夢にも思わず満面の笑み・・・。

Team WR

慌ただしく準備はしていたものの、結果的に濃霧により全体的に1時間遅れのスケジュールとなりました。
しばし談笑していると、走改☆車楽!!の方も登場!昨日に引き続き、お世話になります。

Team WR Team WR Team WR

この度、レーシングスーツを新調されたナイスガイくん。気が付けば、三男さんとお揃い。

Team WR

この時点ではいつ始まるかも分からず、ドライバーさんの緊張も少しずつ高まっているようです。

Team WR

ふと空を見上げると、霧が晴れてきました。

Team WR

ようやく、テスト走行が始まります。テスト走行10分経過後からタイムアタックに突入。
タイムアタック中はドライバーチェンジが出来ないため、セッティングを兼ねて30分フルに三男さんが走ります。

Team WR

タイヤの皮むきが終わり、一度空気圧を調整しに戻ってきました。
こちらもタイヤの銘柄を変更してみたので、フィーリングは変わったかな?

Team WR Team WR

そして、タイムアタックに。

Team WR Team WR

と、ここで走改☆車楽!さんが取材に来られました。
今日は、可愛らしい新しく入られたMCの方も一緒です!(すみません、名前を聞きそびれました・・・)
もともと2輪がお好きで、レースにも参戦されていらっしゃる実力者です!是非とも応援、お願い致します。

Team WR

取材の打ち合わせ。
昨日のレースでクラッシュしたことを踏まえ、それをネタに、このユーロカップでリベンジを誓う!
という筋書きができました。

Team WR

直前まで知らされていなかった銀次が、急遽引っ張り出されてインタビューを受けています。

Team WR

三男さん、帰還されました。結果は1分36秒台にて全22台中15番手スタート。
おや?皆様、気が付かれましたか?
そうです。そうなんです。

昨日に引き続き、『15番手』スタートなんです!

この時点で、イヤな予感はひしひしと感じましたよね??

Team WR Team WR

間もなく始まる本戦に向け、タイヤのチェック。
どうも、摩耗が異常に早い様子。これは、ロールバーのせいで剛性が上がった影響なのでしょうか?

Team WR Team WR Team WR

三男さんと相談の結果、フロントタイヤは交換することに。

Team WR Team WR Team WR

交換したタイヤがこちら。ズリズリです。
タイヤの銘柄が変わっても、そこまで大きく変わりはないだろうと思っていたのが大間違いでした。
空気圧の上がり方も違えば、減り方も大きく異なる。いい勉強になりました。

Team WR

そしてスタート進行が始まります。

Team WR Team WR Team WR

昨日クラッシュした銀次に汚名返上のチャンス!スタートドライバーを務めます。

Team WR Team WR

セーフティーカーが戻ってきて、因縁の15番グリッドに整列。

Team WR

皆で記念撮影。

Team WR

まるで昨日のことを反省していないかのような銀次。

Team WR

スタート、もう間もなくです!!悪夢が再び起こらないことを皆、見守っています。

Team WR Team WR Team WR

シティのクラッシャー銀次、何事もなく走っております。
そろそろドライバー交代。2番手は安定の三男さん。

Team WR Team WR

ルポが戻ってきました!速やかなドライバーチェンジと、ピット作業!!

Team WR Team WR Team WR

スタートドライバーを見事に勤め上げた銀次。
ちょっとクセがあるルポの仕様をナイスガイに伝えてます。

Team WR Team WR

この時点で順位は2つ上がり、13位。クラスの中ではトップです。
このままいけば、クラス優勝は狙えそうです!!

Team WR

さらに30分が経過。特にトラブルもなく、順調に周回を重ねた三男さん。
2回目のドライバー交代となります。

Team WR

気を付けろよ!と伝えましたところ、お守りを持ってるんで大丈夫です、と。見せてもらいました、えぇ。

Team WR Team WR

あ!挫折・・・禁止・・・。事故禁止じゃ、ないんだ。そっか。
まぁ、確かに。後のナイスガイ君に必要なものは、間違いなく挫折禁止でした。それは正しかったのです。

そして、ルポが入ってきました。

Team WR Team WR Team WR

今回は給油ありです。

Team WR Team WR Team WR

降りてきた三男さんと、自分の感想の答え合わせをする銀次。

Team WR

この時点で、総合順位は1つ落としているものの、依然としてクラスではトップ。行ける!

Team WR

と、そのすぐ後、ナイスガイくんより『しくじりました、すみません!!』の無線が・・・。
場所は立体交差手前の左コーナーとのこと。

黄旗が振られてしばらく後に、自走して帰ってきました。

Team WR

ありゃりゃりゃりゃりゃ。
右のリヤが異様なまでのキャンバー。しかし、覗けど、見比べてみれど、一向に原因箇所が分からない。
仕方が無いのでホイールを外してみます。

Team WR Team WR

これは、もしや左リヤを激しく突いたために右が押し出されたパターン?

Team WR

ロアアームからボディから、くまなく見まわすも、ひしゃげているところ、シワが寄っているところ、折れているところ、
いずれもコレという原因が分からず、断念。2日連続のリタイアとなりました。

Team WR

忘れ物が届いたので、前回に引き続きこんな感じで。

Team WR

へこたれた(風)のナイスガイくん。

Team WR

走改☆車楽!の方々が何事かと、取材にお越し下さいました。
監督、意外と楽しそうに(吹っ切れて)話しております。

Team WR Team WR

アッと言う間に撤収完了。

Team WR

今度は車が転がるので、積み下ろしは非常に楽でした。
右のリヤが・・・やはり、尋常ならざる『ハ』の字。

Team WR

とりあえず、記念の集合写真。

Team WR

あんまり普通なので、もう少し楽しく集合写真。

Team WR

ではココで、お約束。

ナイスガイの、バッキャロ~~~~~!!!

お後が宜しいようで。

 

というわけで、残念な結果となってしまいました2日連続、耐久レース。
応援して下さっていた皆々様には、本当に申し訳ございませんでした。

タイヤの銘柄1つでここまで大きくセッティングが変わることなどメカ的な部分、
またドライバーさんの、耐久レースへの考えの甘さなど、課題が大きく浮き彫りとなったレースでした。

事前の練習等も、もっともっと必要だと痛感しましたし、今までは勝てて当たり前のようになっていましたが、
本来はこのように苦労して、何度も何度も挑戦して、ようやく登れる一番高いところの難しさ、ありがたみと
いったものを再認識することができました。

来年、恐らくシリーズで復活すると思われるお遊び耐久を筆頭に、チーム一丸となって、
再びトロフィーをこの手にする日を楽しみに、精進して参りたいと思います。

チームとしては一旦、振り出しに戻ったような感じではありますが、またイチから作り上げていく心構えで
2017年も皆様に走りの楽しさをお伝えしていきたいと思っております。

本年も、本当にありがとうございました。
来年も、どうぞ温かい目で見守っていて頂ければと思います。どうぞ、宜しくお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

12月17日(土)お遊び4時間耐久レースレポート!

皆様、大変お待たせいたしました。
フェイスブックの方では、速報も流してまいりましたので、ご存知の方はご存知かとは思いますが、
なかなか写真を見返していても切なくなる結果となってしまいましたため、レポートの手が進まず。

ちょっと時間もございませんため、早足にてお送りいたします。

↓画像はクリックすると大きくなります!

今回は、17日(土)、18日(日)と連日レースということで、金曜の晩から積み込み作業を
行っておりましたが、やはり平日の夜は皆様お仕事ということもあり、なっかなか人手が集まらず
作業が停滞しておりましたところ、川西在住のおはぎが手伝いに来て下さいました!

アッとゆーまに、綺麗に積み込みが出来て、切実に助かりました!!m(_ _)m

Team WR Team WR

当日の朝は5時集合。いざ、出発~!

Team WR

道中、何と言うこともなく無事に到着。ゲートオープンを待ちます。

Team WR Team WR

外はめちゃめちゃ寒かったんですが、車中でヌクヌク元気な若者が一匹。
よもや翌日、あんなことになるとは夢にも思わないで・・・。

Team WR

本日のドライバー、Z-SPECの外園社長と、銀次も到着。
まさかこの後、こんなことになるとは夢にも思わず・・・。

Team WR

7時になりました。ゲートオープーン!
と思っておりましたら、実は7時半からでした。こんなに早く来なくて良かったんだ!
CR-Zのワンメイクレースもあるとは言え、なかなかの台数が集まっているようです。

Team WR
Team WR

ピットに到着。たったかテントの設営モロモロ。相変わらず30分かからず形になってます。

Team WR Team WR Team WR

遠くからでも目立ってます!

Team WR

今回はストーブも完備。後で、後ろ側の横幕も取り付けました。本当に寒かったです!

Team WR

そうこうしている間に、ドラミのお時間。
今回は久しぶりの開催ということで、きちんと全員で参加しました!

Team WR Team WR

そうそう、私は前日にとある筋から伺って存じておりましたが、実はこの日、プロドライバーの
谷口信輝選手も参戦とのことで、非常に楽しみにしておりました!
プロと言えど、ドライバーズミーティングにはきっちり参加。特例は無いようです。

Team WR

企画されたサイドポンツーンの神吉さんと、協賛されているEXEDYさんところのイメージガール登場!

Team WR Team WR

谷口選手も、きっちりレギュレーションに目を通されています。

Team WR

ピットに帰ると、監督筆頭に作戦会議。

Team WR

走順、給油のタイミング等、打ち合わせたのちフリー走行の準備。

Team WR

わざわざ東京から駆け付けて下さいました、毎度おなじみ世界のF市さん!!
ひょうきんなキャラクターも健在です!!

Team WR Team WR

いよいよ出走。あぁ見えて、実はかーなーりー緊張されています。

Team WR Team WR

今回、タイヤが変わってグリップ性能が上がったためか、フィーリングが全く違うと
戸惑っていらっしゃったF市さん。

10分少々走られて、外園社長にタッチ交代。

Team WR Team WR

F市さんの感想を元に、空気圧を測って外園社長にセッティングを相談する監督。
全くの未知数なので、調整も手探り状態です。

Team WR Team WR Team WR

無事に走り終えてスッキリ、ドヤァのF市さん。

Team WR

外園社長にタッチ交代してから約15分。この時点でベストラップ更新、1分33秒台!!
これは、今回も期待できそうです!

Team WR

帰ってきた外園社長と綿密にセッティングの打ち合わせ。

Team WR Team WR

エンジンルームの中にも、若干の水漏れを発見。果たして、4時間もつか・・・。

Team WR

見ればタイヤもなかなかの減り具合。
これまた4時間無交換で走り切れるかどうか、不安要素が・・・。

Team WR Team WR

ガソリンメーターがなかなかの減り加減だったので、予選前に必要最低限の給油。
そして、予選は銀次がトップバッターで出走。

Team WR Team WR

再び10分少々走ったところで、外園社長に交代。
調整したタイヤの空気圧は吉と出るか、凶と出るか。

Team WR Team WR Team WR

専属カメラマンも良い仕事してますよ~。

Team WR

初シティのため、感想を求められる銀次。と、お茶目なF市さん。

Team WR

おもむろにモニターの写メを撮るので何事かと思ったら、本日のベストラップ更新!
さっすが外園社長です!!!

もう少しで32秒台!突入なるか!!??

Team WR Team WR

シティが帰ってきました!お疲れ様です。
からの、水漏れが心配な監督。
と、経験不足を情報収集で補おうと話を聞きに行く銀次。

Team WR Team WR Team WR

次は本戦なので、満タン給油とホイールナットの増し締め。

Team WR Team WR

スタート進行が始まりました!まずは皆でお約束の記念撮影。

Team WR

ちなみに、30台出走中のスターティンググリッドは15番目。
そう、15番手スタートだったんです。はい。

覚えておいてくださいね、『15番グリッド』スタートを。

Team WR

ちなみに、後ろの後ろ(グリッド的には真後ろ)でエラく盛り上がっているのは、谷口選手が
参戦されている【PRINCEみきゃんCR-Z】でした。

さすがに凄いですよね、色々ね!

Team WR Team WR

いよいよレースが始まります、緊張の一瞬。外園社長、頑張って下さい!

Team WR

レース開始直後の混戦状態も特に荒れることなく、30分が経過。

余談ですが、プロドライバーの方はハンデとしてドライブスルーを1度、行わないといけません。
混戦状態を避けるために最初にドライブスルーされた谷口選手、当然その時点では最下位まで
交代されたにもかかわらず、ドライバー交代の45分が経過するころには393号の真後ろまで
迫ってきており、外園社長は抜かれまいと必死だったとか、何だったとか。

本当に静かなノーマルのCR-Zだったと思うのですが、やはりプロは違いますね!

Team WR

そして、最初のドライバー交代。

Team WR Team WR Team WR

2番手は銀次。迅速なピット作業ののち、送り出します。

Team WR Team WR Team WR

他クラスは義務ピット回数が多い分、給油を済ませてしまうチームが多い中、
393チームは華麗にコースイン。
順位を気にするスタッフ一同。一気に6位まで追い上げます。

Team WR Team WR

そこから10分足らず。気が付けばトップに!!

Team WR

連日のお仕事に加え、朝が早いレース。お疲れ気味の外園社長です。

Team WR

次はF市さん。緊張気味にドライバー交代。

Team WR Team WR Team WR

今回は給油も行います。フェイスマスク・ヘルメット持参者が少なかったので
ドライバーさんにお願いしました。
消火器係も大事です。油断せず、いつでも火消しの準備はしっかり!

Team WR Team WR Team WR

降りてきた銀次は、ドヤァ。
よもや、次の出走であんなことになるとは、夢にも思わず・・・。

Team WR

F市さんに交代してから30分後。依然、トップを独走中。

Team WR

だいぶお疲れ気味の外園社長。

Team WR

再び、ドライバー交代の時間となりました。

Team WR Team WR Team WR

ミスなく、いつものように淡々と走り続けたら今日も総合優勝を狙える!

Team WR Team WR Team WR

皆、疑うことなくそう思いながら、送り出したんです。えぇ。

Team WR

かなりグリップ走行寄りで、リヤが滑らないと話すF市さん。
外園社長もおっしゃっていましたが、Gが凄くて今まで以上に乗っていて疲れるらしいです。

Team WR

銀次が出走してから5分後。まだまだ安定のトップ。

Team WR

しかし、悲劇はその直後、起こったのです。
急遽、無線に入った『すみません、クラッシュしました!』の声。

そして振られる赤旗中断。

場所は第1コーナー出口。自走は不可。みんなで歩いて見に行ってみれば・・・。

Team WR

あっちゃー・・・・・・・・・。
前にセーフティーカーがおるので状況は分かりませんが、パンクしただけなのか、
足がゴッソリ逝ってしまったのか・・・。

Team WR

あっちゃー・・・・・・・・・。
遠目で見ても右フロントタイヤが回っていないので、ダメそうですね。

Team WR

帰ってきたので駆け寄って見てみれば。

Team WR

なかなか想像以上にひどくて皆、絶句。
兎にも角にも、銀次は無事そうで何より。

Team WR Team WR Team WR

外装もそこそこひどいですけどね。右フロントタイヤなんて、明後日の方向を向いてます。
実況見分、ひとまずどうなっているのか見てみると・・・。

Team WR Team WR

思わず、うーわー。という声しか出ない状況。
ドライブシャフトは抜け、ナックルはへし折れた状態に。

安全タンクのホース部分は(長年、紫外線の直射により劣化していたのは事実ですが)、
衝撃により折れてしまいました。

Team WR

ひとまず安全タンクの応急処置だけは施しつつも、転がらない車をどのようにして
持って帰るか相談します。
ナックルはさすがに持って来ていないですし、ウインチで積車に積むことはできても、
店でどうやって下すか、が問題です。

とはいえ、ここに置いておくわけにもいかないので、エイヤッ!と載せました。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

何とか載りました!!
改めて下から、マジマジと破損状況を確認する監督と、外園社長。

Team WR

ピットに戻って、走改☆車楽!!の小澤さんが様子を見に来てくださいました。

Team WR

ひとまず皆で、終わりの集合写真も。心持ち、表情が暗いですね~。

Team WR

翌日は同じ場所、セントラルサーキットにてユーロカップ3時間耐久があります。
ピットも発表されておりますので、テント等は引っ越しをして、空荷で帰還。

Team WR Team WR

ちゃっちゃか下道で帰ること、ン時間。お店に到着。
荷物は置いてきているので片付けは良いですが、問題はシティです。どうやって下すか・・・。

Team WR Team WR Team WR

ウインチを緩めて少し前進しては、外れたナックルやフェンダーに干渉して止まる中、
プランプランのタイヤを押したり蹴ったりしながら元の位置に戻して前進させ、また
ウインチで引きずり戻してはタイヤの位置を戻して・・・。

しかし、いよいよ前に進まなくなり、タイヤの外径を大きなものにしてみたり、
ショックにヒモをひっかけて人力で支えてみようとしてみたり、アレコレ試した結果、
最後は右フロントにジャッキを掛けてタイヤの位置を工夫してみたところ、一気に
ゴロゴロと前進してくれました!!いい子や。

Team WR

言うても30分ほど格闘したのち、無事に下ろして皆様、家路にとつきました。
いやいや、本当にお疲れ様でした。遅くまでご協力、誠にありがとうございます。

最後に・・・。

銀次の、バッキャロ~~~~~!!!

翌日のユーロ3時間耐久で、リベンジだ!!!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

8月7日(日)ユーロカップ夏の9時間耐久のレポートです!

お盆休みも挟みましたため、レポートが遅れており大変申し訳ございません。

ようやく完成致しましたので、どうぞご覧下さいませ。

9時間も走っておりますので、画像は膨大な枚数となっております。
パケット通信料にはどうぞ、ご注意下さいませ。

↓画像はクリックすると大きくなります!
午前4時半ごろWest Riverに集合しまして、クーラーボックスの氷ですとか冷やした飲み物など、
最後の準備を確認してから出発いたしましたのは5時15分頃となりました。

9時間もレースをする夏のお祭りは、スタートも早く、7時に受付開始とのことで、セントラルサーキットと
場所はそこまで遠くないにも関わらず、朝が早い一日となりました。

Team WR
積車にレースカーとTカーのルポを2台積み、テントや工具を満載した軽バンと、人の運搬用グランビアの3台体制です。

高速道路は順調で、およそ1時間で現地入りしました。
いつもの向かいの駐車場でUターンをして、6時半の開門を待つつもりが・・・対向車側が大渋滞を起こしてます。

そして、目の前を横断していくヨーロピアンなお高級車たち。

こ・れ・は・・・もしや、台数が多すぎてフライング開門したパターンですか??

Team WR
Team WR
ピット前も大混雑の中、何とか自ピットに到着。ちゃっちゃと準備を始めてまいります。

Team WR Team WR Team WR
ものの20分ほどでテントの設営など大方の準備が整いました。早っ!
ベストメカニック賞などがあれば、きっと受賞されていたとこ請け合いの当チーム。
裏方も精鋭ぞろいです。頼もしい!

7時15分よりスタートのテスト走行&予選にも、ギリギリ間に合わせてコースイン。

Team WR
その直後より開始のブリーフィングには、ドライバーさんに付いてお邪魔してきました。

Team WR
Team WR
なんと、サーキットのオーナー井入さんもいらっしゃるではないですか!
信号、給油など危険が付きまとう作業にまつわるレギュレーションについては、
直々に事細かな解説をして下さってました。

ブリーフィングが終わりピットへ帰ると、予選から帰ってきたルポに最後のチェックを行っているところでした。

休む間もなく、このままスタート準備でコースイン。

Team WR Team WR Team WR
そのままスタート進行です。

Team WR Team WR Team WR
1周まわってきたルポを誘導していると、走改車楽さん、発見!今日も1日宜しくお願い致します。

Team WR Team WR
まずはスタート前、車がまだ無事なうちに記念撮影を1枚!!

Team WR
第1ドライバーは留保 五男(ルポ イサオ)選手!いつも耐久の節にはお世話になっております。

Team WR
スタート3分間につき、グリッドウォークが終了。ピットへ帰ってくると、丁度ピットのど真ん前に見たことのある方が・・・。

これは、当店のお客様!!!?

今回、初めてレースに応援に駆けつけてくださったヴィッツ TRD乗りのご家族様でした。
暑い中、ありがとうございました!!
この後、ピット内へお招きし、一緒にお肉を頂きました。

Team WR
さて、8時ちょうどよりスタートしました9時間耐久レース。

ちなみに予選は1′39″722のタイムにより17番手スタートとなりました。
ドライバー1人あたりの連続運転時間は50分厳守。

よほどの何かが無ければ、恐らく50分サイクルでひたすら走り抜く限りだと思うのですが・・・。

まだ、きちんとセッティングが出ていないルポですので、皆を集めて緊急作戦会議。

Team WR
そして、よほどの何か、も特に無く最初の50分が過ぎようとしておりました。

序盤にスパーンと順位を上げて、10位のところで最初のドライバーチェンジ。
次のドライバーは、ルポ兄弟の三男、留保 三男(ルポ ミツオ)さんです。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
燃料計があまりアテにならないこちらの車なので、給油の作戦はピットインのたびに溢れるまで投入!です。

他にもタイヤの空気圧、タイヤの温度、ハブボルトとホイールナットの増し締めなど、作業は山ほどあります。

これをいかに最短時間で行い、ピットインを最短で済ますかが当チームの腕の見せ所!

みんな走り回って、機敏な動きで作業を行います。

降りてきた第1ドライバーの五男さんには、セッティングの具合や走り方など、他のドライバーや監督が
事情聴取のごとくひっきりなしにむらがります。

Team WR Team WR Team WR
第2ドライバーの三男さんがスタートしておよそ50分が経過。
引き続き大きなトラブルも無く、順位は1つ上がって9番手で第3ドライバーに交代となりました。

第3ドライバーはThe Team WRのエースドライバー、赤いトルコ国旗のヘルメットがインパクト特大な、世界のF市さん!!

給油から、各所の作業まで約4分のスムーズなピットストップ。素晴らしい!

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WRTeam WR
Team WR Team WR Team WR
トルコ人、F市さん!チームの期待を一身に背負ってコースイン!!

Team WR
かたや、暑い中サウナと化しているルポの中で50分閉じ込められていた三男さんは、扇風機の前でおくつろぎの模様。

Team WR
早朝スタートで最初こそ、まだ何とか耐えていられましたが、正直暑かったです。ホンマに。

さてさて、SCこそところどころは出るものの、トップ集団には大きく引き離され、後ろは周回遅れのため
順位にはさほど大きな影響の無いまま、続いて第4ドライバーへ交代するようです。ピット内に動きが。

しかし、本当に順調です。

Team WR Team WR

レースの直前にレーシングスーツ一式を揃えた銀次が、お披露目自慢です(笑)

Team WR

ハイハイ、ルポが入ってきますよ~!気を引き締めて!!

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
F市さんも、半ば熱中症になりかけながらフラフラで帰ってきました。お疲れ様でした。
こちらもルポの感触を確認するため、監督始め色んな人に感想を求められるF市氏。

Team WR Team WR
さて、何事も無く銀次も50分走りきれるかな・・・と思っておりますと、走り始めて20分ほど経った頃に
またもやピット内で動きがありました。替えタイヤに空気を入れだす監督。

Team WR
何と!どちらかの車輌がコースアウトされ、引き揚げ作業に時間が掛かっている模様。
今レース初の赤旗が出てしまいました。
ひとまずは、ピットレーンに並ぶように指示され、コースオープンのシグナルを待ちます。

Team WR
待っておりましたが、およそ5分ほどが経過し、引き揚げ作業にもうしばらく時間がかかりそうだと
判断され、一旦ピットへ戻ることに。コースには出られませんので、先頭側のピットからピット裏に
出て、ピット後方側よりピットレーンに復帰するルートでピットへ戻ることとなりました。

ピット裏で遭遇した、銀次。

Team WR
くる~っと回って、ピットインして参りました。
監督の判断により、フロントタイヤ2本を交換します。給油なども今のうちに済ませます。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
一部から仕入れてきた情報により、なけなしの保冷剤でエアクリを冷やします。
冷やすと、速くなる・・・らしいんです。効果の程は分かりませんでしたが(^-^;)

と、外したフロントタイヤ。意外とまだまだ使えそうな感じですね?

Team WR Team WR
赤旗中断、ピットインしてからおよそ20分ほどが経過し、ようやくリスタートとなりました。

オフィシャルの方に確認しましたところ、リスタートの際は完全に仕切りなおし。
中断時の順番にグリッドに並び、再びローリングスタートで再開。
ドライバーは連続運転時間もリセットされるので、続けて乗ってもOKとのことでした。

せっかくですので伸び盛りな若手のエース、銀次に再び乗ってもらいます。50分。
休憩、たっぷりしましたからね、大丈夫ですよね?

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
リスタートしてからおよそ10分後。順調、順調と思いきや、当チームのルポにオレンジボール
(黒地にオレンジ色の〇、ちょうど日の丸の白い部分が黒で赤い部分がオレンジ)のフラッグが
振られました。

こちらのフラッグ、意味は【不良箇所があるのでピットインして直してきなさい】とのこと。

何があったのかと思いきや、無線から『自爆しましたスミマセン』の声が。えぇぇ。
滑って回ってお尻だけコチ当てて来たようです。
見た人の話によると、リヤバンパーがぷらんぷらんしているとのこと。
ガムテープでベタベタに貼り付けるか、いっそ外してしまうか・・・。

ピットインをしたら、いかなる理由でもドライバーチェンジが必須。
何にせよ、ピットインの準備を慌しく行っておりますと・・・。

裏ストレートで見ていたメンバーより『バンパー外れましたーーー!!』

Team WR
あっちゃー・・・。

他のチームの方々、誠に申し訳ございません。

と、真面目な面持ちで見守っているんですけれども、落ちたバンパーのすぐ脇を車が通過すると、
軽いリヤバンパーがふわっと立ち上がるんですよ。ふわっと。

そして、ふわっと倒れるんですよ。ふわっと。

その光景があまりにシュールすぎて・・・思わず笑けてきてしまいました。
ご迷惑をお掛けしておりますのに、本当に申し訳ございません。

Team WR Team WR
当然、SCが導入されて落下物の回収となります。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
返却されたリヤバンパーが、こちら。

Team WR
引きずったのか、落ちかけたときにマフラーに当たった熱でか、塗装が泡立ってます。
ネジで固定するところも完全に千切れちゃってます。どうしましょうか。

散々、他のチームの方にはご迷惑をお掛けしましたが、無線で確認する限り特に異常は無いようなので、
このまま持ち時間の50分は走りきってもらうことに。

Team WR
この少し手前から、これまた京都より遠路遥々、応援に駆けつけてくれたお客様が、外れかかった
リヤバンパーで走っているルポですとか、無駄にカッチョエェ走ってるルポですとか、近頃では
なかなか見られなかった車輌の写真をゴッツイレンズのカメラでたくさん撮って下さってます!!

下の方でも数点ご紹介しておりますが、データはお店のPCに放り込んでおりますので、ご入用の方は
メモリー持って遊びにお越し下さい♪

Team WR
ついでに、ニューアイテムもご紹介しておきます。The 監督イス。

布地は全てイメージカラーの黄色で纏められ、背もたれ部分には表と裏にWest Riverのロゴが
入っています。黒い脚がハイセンスな雰囲気をかもし出す珠玉の逸品。
一度座れば、気分はまさしく監督。

と、BGMにはビフォーアフターのアノ曲をイメージしながら読んで頂けると幸いです。

Team WR Team WR
リスタートより50分が経過。
アクシデントはあったものの、SC導入により結果、順位に変化は無く、次のドライバー五男さんに
スタンバイしてもらいます。

Team WR Team WR
完全に余談ですが、今回は昨年の9時間耐久で足廻りの作製からセッティングからベストラップから
全てにお世話になりました丹羽レーシングの丹羽さんが諸事情によりご参加頂けず、
いつもレースカーのメンテナンスでお世話になっておりますZ-SPECの外園社長もお仕事がお忙しく
ご参加頂けませんでしたので、エアコンプレッサーも久しぶりに持参しました!

Team WR
さ、銀次が乗ったルポが入ってきますよ!

Team WR Team WR Team WR
いつもの作業は当然のごとく。しかし、やはり傷めた部分が気になります。
当然、具合の悪いところは補修作業も欠かせません。
バンパー周りは綺麗に完全に外れてくれていたので、さほど問題はなさそうです。
フレーム、その他走行に支障がある様子もなさそう。
ライセンス球のハーネスがぶら下がってマフラーに干渉しそうでしたので、ガムテープで
貼り付け応急処置を。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
今、確認したら余分な作業もあったにも関わらずピットストップが2分ほどでした。
だいぶ作業が手馴れてきている様子です。

銀次には、事故の時の状況と自己分析と、その後のタイムアップ(リヤバンパーが外れた故の
軽量化、というウワサもあったり無かったり)した理由をみっちり語って頂きました。

Team WR
12時を回りまして、ボチボチ肉を焼いていたんですけれども、いかんせん暑すぎて皆様、食が進みません。
が、岩牡蠣なるものを持参されるツワモノもいらっしゃる今日この頃。
コンロの片隅でジワジワ焼かせて頂きました。

Team WR
肉を焼いていて油断してました、気が付けばドライバーチェンジです!

相変わらず順位は変わらず9位をキープしたまま、三男さんに交代。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
非常に残念ながら、前後の車とバトルですとか、どこかのチームがクラッシュされるですとか、
何かが起こらない限りはひたすら、黙々と走り続けるのが耐久レースですので、正直あまり
解説することがないんですよ。

と言うわけで、やはり順位は変わらぬまま50分が無事に経過して、F市氏にバトンが渡ります。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
さて、毎回毎回、溢れるほど給油している当チームなのですが、一応は20リッターごとに
分けて投入しております。

もちろん、SCが入ったりすれば20リッター全て入るわけではないので、余った分ですとか
入れやすい携行缶がありますので、そちらに移し替えて使用しております。

当初は5缶分を満タンにして(合計100リッター)準備していたのですが、それでも少し足りなさそうな気配です。

Team WR
本当に代わり映えのしない文言で申し訳ございませんが、引き続き9番手を走り続けた
F市さんが帰ってこられました。

この頃になると、前のチームとは3週差、後ろのチームとは2週差。
なかなかバトルらしいバトルもなく、まさしくドライバーさんが己との戦いの中で走られて
いるような状況です。

銀次、行って来~~~い!!(※お客様です)

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
やはり、ドライバーチェンジ&給油、その後他の作業と合わせても2分程しか経っていません。
チームワークでは負けない、Team WRです!!

ここで、監督より燃料補給の指令が下りました。
昨年も120リッター使用しており、今回もこのペースでいくとあと20リッター足りないとのこと。

1缶20リッターを1人で持つと重いから、2缶10リッターずつで買ってきて!

と言うことで、当店でAE86をご購入下さり、ご納車したその日にタイヤを縁石にブチ当て、
その直後の軽四耐久では自ら『縁石アタッカー』の名前でエントリー下さった、ユーモアのセンス
溢れるT中君を引き連れてガソリンを買いに行きました。

Team WR
受付で『ガソリン20リッター下さい!』と申し出ると、スタッフのお姉さんが出てきてくれます。

Team WR
さて、2人で持って帰ろうと私が1缶、手に持ったその瞬間!

ふわっと携行缶の重量が無くなりました!!!!

えっ?えっ??と後ろを振り向くと、カメラが似合うY開君が持っているではありませんか!!

良いよ良いよ、私が持つから。と何度言っても、

大丈夫です。僕が持ちます。と言って譲らないY開君。

惚れてまうやろ~~~!!!ホンマ、ありがと~~~~!!!!

Y開君(Yガイくん)は、NICE GUY!!(それが言いたかっただけ)

長いフリでした。お後が宜しいようで。ご拝聴、ありがとうございました。

Team WR
その道中、今レースの冠スポンサーであらせられるKWさんのテントには、トロフィーがスタンバイ
されておりました。
相変わらず、よーさんあります。1つと言わず、いっぱい欲しいですねー(*^-^*)

Team WR
ピットに帰ってくると、監督お疲れモードでした。
朝も早けりゃ、レースがある程度落ち着いてくるまでは気が張りっぱなしですからねぇ。

Team WR
F市さんは、久しぶりのサーキットにテンション↑↑上げ上げみたいです。
まさか、帰りにあんな大変なことになるとは、この時点では知る由も無く・・・。

Team WR
更にお店の近くにお住まいのお客様も応援に来て下さいました!
今回は、普段あまり来られない方がたくさん来て下さって、ピットも賑わっておりました!

Team WR
監督、寝起きの体操。

Team WR
かーらーのー、ドライバーチェンジです。次は三男さん。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
どうも自分の走りに納得がいかない様子のF市氏と、最近ノリにノっている若手のエース銀次で、
コーナーの処理の仕方、ブレーキの踏み方、などなど熱く語り合っている模様です。

Team WR
昨年は上位チームがことごとくリタイアして、棚からボタ餅状態で総合6位入賞を果たした強運の
Team WRでしたが、今年は皆様、しっかり車を作ってこられておりまして・・・。

そんな、ラップタイムで5秒ほども差のあるチームを抜き返すなんて、トラブルでもなければ
どだい無理な話っちゅーもんです。

しつこいようですが9位を保ったまま、最終ドライバーの五男さんに交代いたします。

Team WR Team WR
(恐らく)最後のピット作業。ミスの無いよう、且つ迅速に。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR
行かれてしまいました・・・ここまで来ると、ベストラップ更新なるか!?
というところに注目が集まります。

三男さん、大変お疲れ様でした!!

Team WR
いよいよレースも終わってしまうので、少し散歩がてらピット最後方側の最終コーナーの
辺りまで写真を撮りに行ってみました。

立体交差を抜けてくるところですとか、最終コーナーの白熱したバトルを見れる、なかなかの
観戦ポイントですよ!

Team WR
と言うか、このときに初めて知りました!仮設ピットが立ってるんですよ!!

こちらの9時間耐久は、9時間、5時間、3時間、鉄人1時間耐久の4つのレースが同時開催で、
9時間が開始されてから4時間後に5時間組がコースインしてくる仕組みとなっております。

そのため、参加台数は合計すると41台だったみたいでですね。ピット、足りなかったんですね。

真っ白いテントの下で、車が作業されておりました。

Team WR
さて、ピットに戻りますといよいよフィニッシュを迎えようとしておりました。

Team WR
お子ちゃま達はサインボードエリアに立ち入れないので、ピット内から見守ります。

Team WR
この期に及んで、まさかトラブルは無いかとは思いますが、9時間という長丁場を乗り切ってきた
全ての車たち、ドライバー達に敬意を表して、チェッカーフラッグを振られるその瞬間を見守ります。

Team WR Team WR

すみません、ちょうどルポが通り過ぎるところの写真がブレブレで、掲載は諦めました。

※後日、お客様から寄贈された写真を眺めていたら、T川さんよりご提供頂いた写真に良いのがありました!
うっかり見落としておりまして、申し訳ございません。フィニッシュしたときの盛り上がりは、以下のとおりです(*^-^*)

Team WR Team WR Team WR

その直後の、みんなの嬉しそうな表情をどうぞ。

Team WR

チェッカーを受けたルポが帰って参りました。
五男さんも、セッティングが取れていない中、トップバッターとラストを締めて頂き、
ありがとうございました。

Team WR Team WR

結構、走行距離の行ってるエンジンなんですけれども、壊れる気配の無い安定感。

Team WR

丸裸になったお尻を眺める皆様。

Team WR

フロントタイヤとリヤタイヤの減り方は、こんな感じでした。
感想としては、リヤタイヤがまだまだ使えていないような?
セッティングには、課題が盛り沢山です。

Team WR Team WR

ひとまずリヤバンパーを応急処置で取り付けて帰ります。
ネジ止めする部分は、よくもげるらしいです。
帰ったら部品の注文をしなくては・・・(;_;)

Team WR Team WR Team WR

最後に、長い長い表彰式です。

Team WR

井入さんが表彰式にもいらっしゃいました。2016シリーズのレースプロデューサーに就任
されていらっしゃるようです。なるほど!

Team WR

クラスが多すぎて紹介しきれませんので、割愛します。

同クラスではルーテシアが参加されてましたが、お陰様でクラス優勝を果たすことができました。

Team WR

高級そうなトロフィーと、完走賞のTシャツ、キャップだけでも嬉しい物ですが、
今回はスポンサーのKWさんが大奮発!テーブルとイス4脚のセットまで付けて下さいました!

Team WR

ドヤァァァ(笑)

Team WR

大きい荷物、持って帰るのに往生します(^-^;)
何とかTカーのルポの荷室に詰め込みます。

Team WR

大きな荷物も詰める、走って楽しい走りの6MT、耐久レースも何のそのな耐久性!
皆様、どうです?乗りたくなってきたでしょ??(笑)

ちなみに、今年の総合優勝のトロフィーも凄かったです!

Team WR

ほ・・・欲しい・・・。
たくさんのトロフィーは要らないから、あのトロフィーが欲しいです!!

という一致団結した皆様のご意見により、来年こそは狙いに行くかも!?しれません。

その後は、宝塚の渋滞に引っかかりながらも無事に帰り、皆様のご協力の元、片付けも
早々に完了することが出来ました。

結果はもう少し、総合入賞に食い込みたかったところではありますが、車のスペック的には
なかなか難しいところの様ですね。

むしろ、上位陣は軒並みTeam WRよりもラップタイムが速いところばかりでしたが、逆に
ベストラップが38秒台で総合9位に食い込めたこと自体、やはりチーム力と、壊れない車作り、
車をいたわる走りが出来るドライバーさん、そのどれが欠けても耐久はできず、スタッフに
恵まれたチームだとしみじみ思います。

次は・・・マツダ耐久レース、になりますでしょうか?
また事前に告知するように致しますので、皆様も是非、耐久レースの面白さを肌で感じてみて下さい!

以下は、NICE GUYのY開君の写真です。
他にももっと良い写真がたくさんございます!
是非ともデータ、貰いに来て頂けると幸いです。

Team WR Team WR

Team WR Team WR

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ユーロカップ夏の9時間耐久祭り2016より只今、帰還致しました!

↓画像はクリックすると大きくなります!

Team WR

本日も猛暑の中、事前にお伺いしていた方だけでも沢山の方がお越し下さる予定でしたが、
いざ当日になってみますと、お伺いしていなかった方までもが続々と訪れて下さり、
久方ぶりの大大大盛況なレースとなりました!!

夏のお祭りと言うだけあって、本当にお祭り騒ぎでした!!
(上の写真は、レースが始まる時なので、まだ最小人数ですけれど・・・)

Team WR

あぁぁぁぁっ!!!?
何やら見覚えのある柄の、見覚えのある部品が、コースのド真ん中に!!!?

Team WR

何だか、お尻の辺りのフォルムが少し・・・変???

なようなのは、気のせいではございません。

Team WR

とは言え、ケガ人ですとか、大きなトラブルは出ておりません。

そして、この笑顔。

肝心の結果はと申しますと・・・。

Team WR

9時間 267周 完走!!(トップとの差は10周)
クラス1位!!!
総合10位!!!!

となりました。

本当は、昨年ギリギリ獲得できた総合6位以内にはせめて入賞したかったのですが、今年は皆さん、速い速い。

メッチャ頑張りましたが、これでもかなり頑張った方だと思います。

また近いうちに詳細なレポートをお送り致しますので、今しばらくお待ち下さいませ。
(恐らく、お盆の連休明けにはなってしまうかとは思いますが・・・)

そして、いつもいつも同じ言葉で申し訳ないのですが、1週間前からお手伝いに来て下さった方。
本日も朝早くからお集まり下さった方。遠くよりお越し下さった方。

本当にいっぱいの方に暖かいご支援、ご声援を頂き、楽しいレースとすることができました。

かなり体力が削られるほどの暑さの中、一日外に立ちっぱなしでさぞかしお疲れのことと思います。

体調等に影響ございませんよう、くれぐれもお気を付け下さいませ。

そして、重ね重ね、御礼申し上げます。

誠にありがとうございました!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

6月19日(日)軽四耐久レースのレポートが完成致しました!

大変永らくお待たせ致しました!!

今回も長いレポートになりそうなので、ささっと始めますね!

↓画像はクリックすると大きくなります!

去る6月19日(日)、場所は岡山国際サーキットにて繰り広げられますわ、7時間耐久レース。

朝の9時から夕方の4時まで走り続けます。

本当は前日の18日(土)に予選があり、私共は予選不参加、本戦は最後尾スタートで参加することに。

従いまして、朝の7時から受付だ、車検だ、やれ何だと怒涛のハードスケジュールがお約束されておりました。

と言うことは、テントの設営ですとか時間を逆算していくと、店を4時出発。
と言うことで、集合は3時半という・・・やっぱり、ハード。

Team WR

みんな、ちゃんと起きれてるかなー?と思いながら到着してみると、順調、順調!

眠い目をこすりながら、凍らせていたドリンク類をクーラーボックスに移し替えたり何なり
最後の積み込みを終わらせ、朝ご飯の買出しに隣のコンビニへと向かう私たち。

と、約1名。姿が見当たりません。

直行するか、待つか、店長が電話すると『すぐ行きます!』とのことで、

おそようございます。タコ@R32パイセン!!m(_ _)m

Team WR

予定より30分ほど遅れて出発。グランビアと積車の2台体制。
天気は怪しいながらも、前日の予報からしても1~5mmくらいの雨。
恐らく、降ったり止んだりを繰り返すのかな~。

と思いきや、いきなり道中から土砂降りになってきました!遠方には霧。

挙句、高速道路で積車の後ろを走行中に、いきなりパトカーが赤色灯を回転させながら
『車間距離を開けなさい』とスピーカーで怒られる始末。スミマセンデシタ。

朝の早い時間から警察も頑張ってお仕事されていらっしゃるようです。

 

出発こそ遅れたものの、現地入りはまぁまぁ計画通りの6時過ぎ。

早速、準備をするべく荷物満載のトランスポーター、解体行きフィット号を積車から
降ろそうとした、そのとき!!!!

事件は起こりました!!!!

Team WR Team WR

は・ま・っ・た!!!!\(^o^)/

Team WR Team WR

なかなかしっかりとはまり込んでおりまして、あの手この手を使うも、失敗続き。

Team WR

土砂降りの中、タイヤが滑るので先に中の荷物を撤去する作戦。
濡れながらバケツリレーのごとく荷物を降ろしてはピット内へと避難!

軽くなった車体に、ジャッキアップポイントを変更して再トライ!で、ようやく脱出できました。

Team WR Team WR

名誉の負傷ですね。

思いもかけないタイムロスがございましたが、何とか無事に2階のアルトバンまで降ろせました。

ここからはレース参加ベテラン勢による指揮のもと、初めて参加の若者達との人海戦術で
アッとゆー間にテントが設営されつつ、アルトバンの整備を行いつつ、車検に間に合わせます。

片やワタクシ、現場は皆に任せて、受付に、ドラミにと駆け回ります。

Team WR Team WR

相変わらず、広くて綺麗なミーティングルームです。

恐らく、スタッフの方なのでしょう。空模様を心配されていらっしゃいます。

Team WR Team WR

ドラミが終わるも、ワタクシは単身、今ひとつ仕組みの理解できなかった給油に関して
質問がありましたため、少し居残ってからピットに戻りました。

すると、既に朝一に1本だけあるフリー走行が始まるところでした。

全く、と言って良いほどセッティングの取れていないアルトバン。しかも、雨天。

勝負の行方は、この30分のフリーでどれだけセッティングが詰められるか、に掛かっていると
言っても過言ではありません。

昨年のユーロカップ冬の3時間耐久で1番速く走った銀次に、運命を託します(大げさ)

Team WR Team WR

Team WR Team WR

暫くして銀次からの無線が入るも、『滑る!!』のオンパレード。

監督と、監督代理(青パルさん)による『何で滑る?』『どうしたい?』の質問にも
答える余裕がないようで、なかなかセッティングの方向性が決まりません。

Team WR Team WR Team WR

昨年のユーロカップでルポに乗って頂いた、留保みつをさん。

さすがに手馴れたもので、ヘルメットに装着する無線のマイクとイヤホンを確認中。

ついでに、今回初めて参加される勝手の分からない若手達のヘルメットにも
準備をしてくださってました!ありがとうございます、助かりました!!

Team WR

そして、アルトバン。

とりあえず戻ってこようか、の指示を出してピットインした時点でフリー走行の残り時間は数分。

セッティングを変更した後のテストはできませんが、何もしなければ何も変わりません。
少しでも正解への道筋を見つけるため、ひとまずはリヤの減衰を柔らかくする方向性で調整します。

Team WR Team WR

更にフロントはキャンバも少し起こす方向に。
ただ、角度を計れる機械など持っておりませんので、どれくらいネジを回したら何度くらい起きるのかは不明。
全くの勘で調整を行いました。

Team WR Team WR
Team WR Team WR

ちなみに、店長が数日前に皮むきがてら某所で試走したのと、フリー30分を走った直後のフロントタイヤ。

使えてる・・・ような気もするけど、真ん中だけしか温かくなっていない・・・ような気もする。

状況としては、かなり厳しいですね。

Team WR

これだけの雨が降ってますからね。

Team WR

この日は7時間耐久と長丁場なこともあり、朝は9時からスタートです。
フリーが終わり、そうこうしている間に本戦かと思いきや、あまりの強雨に各チームの代表者に集合がかかりました。

天気予報を見ると今が1番雨が強いことから、スタート時間を30分遅らせるとのこと。

また、延期が30分ならレース時間はきっちり7時間行うけれども、それ以上スタート時間が
延びるようであれば、レース時間を短縮すること。

安全を期してフォーメーションラップのSC先導は3周行うこと。

あとはコース上のどこに水溜りが出来ているかなどをご説明いただきました。

Team WR Team WR

ミーティングルームからピットへの帰り道。
スプリント、コペンレースは前日に開催されておりますので、ここにあるのはほぼ、耐久レースのみ。
相変わらず盛況の模様です。

Team WR

代表者会議が終わりピットへと辿り着きますと、とりあえずセッティングは完了したようです。

予選を走っておりませんので、スターティンググリッドの確認と、大ベテランの留保みつをさんを
囲っての作戦会議を行っております。

言うても岡山国際サーキット走行の未経験者が2人いらっしゃるようなティームですからね。
ライン取り、注意点、どこどこコーナーは何速で走るなど、アドバイスするところは盛り沢山のようです。

Team WR Team WR

30分の延長も、コースの予習、復習や、アルトバンの最終調整などしていたらアッと言う間の時間です。

気が付けば、スターティンググリッドに並ぶ時間となりました。

トップバッターは、フリー走行との違いを評価して頂くために、引き続き銀次です。

Team WR Team WR Team WR

1周まわって、スタートラインに到着。Vサインして、余裕の銀次。

最後の最後まで、作戦の打ち合わせに余念はございません。

Team WR Team WR

3周しっかりSCの先導があったのち、今か今かとスタートを見守るチームの皆様。

Team WR

で。ドライバーの方々には申し訳ないのですが、スタッフの面々は耐久レースが始まってしまうと、
ピット作業が始まるまで・・・まぁ、ヒマなんですよね。本当にスミマセン。

と言うわけで、緊張してとても物を食べていられないドライバーさん達を尻目に、ワタクシ共、
せっせとを焼き始めました。

テント内にいるスタッフと、監督の周りで不安げに様子を伺うドライバーさん達の、この温度差。

Team WR Team WR

とかのん気なことをしながら約1時間と少々。ピット内に動きがございました。
特にドライバーの連続運転時間に制限はございませんが、最初のドライバーチェンジがあるようです。

次のドライバーは、昨年のユーロカップでトップバッターを担ったタコ@R32パイセン。

監督より今の状況や走り方を聞きながらスタンバイ。

と同時に、監督と副監督が何やら深刻な顔をしながら打ち合わせをしております。
どうやら、ヒドイ雨によるヘビーウェットな路面に、引き続き悪戦苦闘をしている銀次。

どうしてもブレーキを踏むとリヤが滑るようで、次の対策を練っていたようです。
そして、出た結論。タイヤを交換しよう。

今、履いているタイヤは、どうも側面の剛性が強すぎるらしいのです。
予備で持ってきていたタイヤは銘柄が異なりまして、そちらの方が側面の剛性が弱い。
すなわち、濡れた路面でもう少し踏ん張ってくれるのではないかという予測をしたようです。

急遽ジャッキやら電動インパクトを用意し、総出でスタンバイ。

そして、ドライバーチェンジ。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

手馴れてますね~。さすがですね~。
ちなみに若手ドライバーの2人ですが、実はれっきとした車屋さんです。
従いまして、作業に関してはお手の物。心強い限りです!

そして、アルトバンがコースインしたと同時にすぐさま外したタイヤをチェックします。

まずは温度。

やはり、中央しか温かくない!!!!てんでダメ。全然ダメです。
果たして、タイヤ交換という判断は吉と出るか、凶と出るか。

Team WR

と、ドライバーチェンジよりわずか20分ほど経過したところで再びピットイン。
ドライバーチェンジは行わないようです。

雨が少し小マシになり、交換したタイヤが功を奏しているとは言え、相変わらずのリヤのグリップの無さ。

SC中にスピンするほどです(※ダメ。SC中のスピン、ゼッタイ。)

次なる手は、更に減衰を下げ、空気圧を下げること。

いつになったら、正解に辿り着けるやら・・・雨の日は、本当に難しいです。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

そして実はピットイン間際になり、オフィシャルの方より代表者がコントロールタワーに
呼び出しを食らうと言う大事件が起こりました。

ひとまずはピット作業を優先させて頂いたものの、アルトバンが無事にコースインしたため
監督は静々と雨のコントロールタワーへと消えていきました・・・。

残されたワタクシ共は、失格になるのか・・・と一抹の不安を抱えております。

Team WR

で、10分ほどした頃戻ってきたんですけれども、特に失格とか言うことは無く。

ただ、上記にもございましたようにSC中にスピンをするなど、他のチーム様に多大なる
ご迷惑をお掛けし、1度は天候を考慮してペナルティは免除しますが、次はペナルティを課しますよ。

とのお叱りを受けました。本当に申し訳ございませんでした。

それから更にしばらくして、走改☆車楽!の方が取材にお越し下さいました!

Team WR Team WR

お肉で買収して、しっかりインタビューして頂きます!

メインはトップバッターでセッティングを担った銀次。慣れないながらも真面目に答えます。

Team WR Team WR Team WR

タコ@R32にドライバーチェンジしてから1時間経過。続いて3番手は大ベテランの留保歩さんです。

と同時に、未だリヤの踏ん張りが足らず苦しい状況が変わりません。更に更に減衰を下げます。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

皆さん、何の指示を出さずとも自分の役割をきちんと把握し、非常にスムーズなピット作業を
行って下さいます。

無事にコースインし、先に走ってきた若手2人は、どれだけヘビーウェットの路面が辛いか
語り合っています。経験していない私どもには理解できないほどの過酷さだったようです。

Team WR

お。さすがに朝、4時出発でしたからね。お疲れの縁石アタッカーT中くん。お休みなさ~い。

Team WR

裏方で、スタート時から最終周まで1周たりとも漏らさずラップタイムを控え続けた谷さん。
お疲れ様でしたm(_ _)m

Team WR

と、このスティントが終わる頃にはレースが折り返す頃だと思うのですが、忘れてはならないのが
4回ある義務ピット回数(給油)でございます。

燃費・・・と言っても、これだけの雨。そして、最終的には13回入ったSCにより、ほとんど
全開走行はしておりません。

従いまして、給油はほぼ必要ない、というのが実情。

しかし、4回は必ず入れないといけません。

しかも今回は、今までにない特殊なルールでして、給油はピット裏にありますガソリンスタンドで、
係りの方に行っていただくレギュレーションとなっております。

ピットレーン入り口から三角コーンで臨時コースが作られておりました。

Team WR

給油と同時のドライバーチェンジは不可。

更に給油中はドライバーが車から降りないといけず、その後走り出す際にはシートベルト必須。

介添人は1人のみ派遣可能なので、タコ@R32君に任命いたしました。

と言うわけで、とりあえず次のドライバーチェンジの際にピットインする手前でガソスタに
立ち寄り給油、その後ドライバーチェンジという段取りに決定。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

給油が終わり、恐らくドライバー交代が完了しているであろうピットへ戻ると、早速ベテランの
周りには若手たちが集う、集う。

興味深げに話を聞いております。

丁度、雨も上がり始めスティントの最後辺りではベストラップも叩き出していたこともあり、
大ベテランの走りに感心しきりだったようです。

Team WR

さて、岡山国際サーキット初めてのミラターボ乗り、F本君が第4ドライバーを務めている頃、
ピットでは給油会議が繰り広げられておりました。

先にも述べましたように、正直給油は要らない状況。それは、よそのチームも同じこと。

しかし、残す義務ピット回数は3回。

レース終盤には、ガソリンスタンドが混むのではないか、という危惧。

ならば、空いている今のうちに終わらせてしまうか?

とは言え、1度の給油で1L以上は給油しないとピット回数を消化したとみなされません。

天候は回復しつつあるも、依然SCは多く、燃料の消費はかなりのエコモード。

ここでも決断を迫られる監督。

そこで出た答えは・・・3回、入れちゃお!!

燃費をリッター6kmくらいだとするならば、全長およそ3.7kmの岡国なら2周すれば1Lは入る計算。

かなりカツカツです。

あとはガソリンスタンドの混雑状況を無線で知らせながら、タイミングを計ることに。

こうして介添人のタコさんと、撮影班のワタクシ、無線係の副監督で、3回の給油が終わるまで
帰れないガソスタの旅へと赴きました。

Team WR Team WR

Team WR Team WR

1回目は少し混雑していましたね。失敗、失敗。

続いて2回目。

Team WR Team WR Team WR

ドライバーさんも勝手が分かってきて、なかなかスムーズにいけたのではないでしょうか?
意外と連続で給油するメリットは、こんなところで現れてきましたね。

せっかく初めての岡国を楽しみにしててくれたF本君には、水を差すような形で申し訳ありませんでしたが。

更に続けてダメ押しの3回目。

一度解除されたSCが、再び出るかどうかの微妙なタイミングと重なりました。
今回の特殊ルールの中では、SC中の給油も禁止。

従いまして、SCが解除されたと同時にガソスタに入るのが理想ですが、他のチームも当然
同じことを考えているわけで・・・。

3回目は、タイミングを見計らうのにちょっと時間がかかり、周回を重ねてからの給油となりました。

Team WR Team WR

これで、無事に義務ピット回数は消化しました!

F本君も、思う存分走ってきてね~!

と、給油もあったため少し長めの1時間半ほどが経過したのち、第5ドライバーへ交代。

いよいよお待ち兼ねの縁石アタッカー、登場!

初めてのレース経験に緊張しているのか・・・と思いきやの、余裕な態度(笑)

Team WR Team WR Team WR

車が入ってきましたよ~!

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

この頃になってくると、天候も安定してきだしたためか、無線から悲鳴が聞こえてくると
言うことも無く、車のセッティングとしてはようやく正解に近付けてきたような雰囲気です。

 

お。ドライバーの中で一番の長老が、走改☆車楽!さんの取材を受けておられます!!
どのような受け答えが繰り広げられていたのか聞いてなかったのですが(ごめんなさい)、
またその様子はオンエア日が分かりましたらお知らせしますので、テレビでご覧下さい!

Team WR Team WR

先ほど走っていたF本君も、出番が終わってようやくご飯を食べる元気が出てきたようです。

お肉、たっくさん焼かせて頂きましたよ~!

思うような走りが全然できなくて、もっともっと走りたいと思ってくださったようです。

Team WR

さて、T中君が出発してから1時間が経過しまして、時間は4時。

レース開始時間が30分遅れておりましたので、レース終了が4時半となります。

残り30分、最後にトップバッターをお願いした銀次に乗ってもらって、セッティングの答え合わせを
してもらいます。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

1時間しっかり運転して帰ってきたT中君。だいぶ汗ビッショリでお疲れそうですね。

今回、最年少だった彼ですが、実はこの時点でなかなか良いタイムを出してたんですよ!
もちろん、レース開始時から路面の状況は刻々と変わり、この時点ではだいぶ走りやすくは
なっていたので、一概に比較することはできませんけれども。

Team WR

そして、ラスト30分。実は出走前に、副監督より1つ提案があり、それを実行していた銀次。

水を得た魚のごとく走る周、走る周ごとにベストラップを更新していく様は爽快ですらありました。

結果、最後の最後、129周目で2’21.072を叩き出してくれました!!拍手~~~!!

最初から、このセッティングで走っていれば・・・は、たらればの話になりますので、この辺りで。

で、最後まで走り終わったフロントタイヤはコチラ↓

Team WR

まぁ・・・ボチボチですか?7時間、耐久レースをしたとは思えないほどのバリ山ですね!

そしてチェッカーを受けた銀次はそのままパレードラン(?)へ。みんな、集合~!

Team WR

さて、その後、表彰式が行われている中、私共はサッサと片付けをば。

今度はハンドルを真っ直ぐにして、落ちないように積車に載せます。

車高も、マフラーも低過ぎて、底があちらこちらにぶつかるので、下にゴム板を敷きながら
微調整しつつ、荷物も満載でサイドを下ろすと車が落ちてくるため、人力も交えての積み込みです。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR

皆様のお陰で撤収作業がはかどりまして、6時半には岡山国際サーキットを出発することができました!

ありがとうございました、お疲れ様でした!!

Team WR

総括と致しましては、肉が美味かった!!

あ、違います。えー、セッティングは難しい、ですかね。

車を速く走らせることも、もちろん難しいことだとは思うんですけれども、用意された速いと
分かっている車を上手に走らせることと、セッティングが決まっていない車をセッティングを
取りながら、調整しながら、速く走れるようにしていく作業と言うのは、やはり雲泥の差があるようです。

今の車の何が問題点で、それを修正するために何の部品を、どの様に触ったら、速く走れる車になるか。

これが出来るようになるには、やはりドライバーの経験(引き出し)が必要不可欠ということが
浮き彫りとなったように思います(今更の話しなんですけどね)

Team WRは、今、若いドライバーさん達をサポートしておりますので、必然的にこの部分が
弱くなってしまうのでしょうね。

そもそも、レースの前にセッティングを取るため、サーキットに行けるとベストなのは分かって
いるんですけれども・・・人手と時間と、ちょっと難しい問題ですが、解決すべき大きな課題の1つです。

その辺りも踏まえて、ドライバーさん達もしっかり鍛えて、次こそは表彰台を!?

狙いたいと思っております!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

只今、軽四耐久 岡山国際サーキットより帰還致しました!

↓画像はクリックすると大きくなります!

Team WR

皆様、雨の中、本当にお疲れ様でした!!

本日の岡山国際サーキットでの軽四耐久の結果は・・・ジャカジャン。

Team WR

7時間、完走!!

クラス15位!!!!

と言う結果になりました。
総合何位だったのかは把握しておりません。全くもって、申し訳ございません。

それにしても、ありがとうございます、ありがとうございます!

ご本人様たちには大変な失礼を承知で申し上げますと、正直今回はサーキット走行、
レース参戦が初めての若いドライバーさんがおられ、しかも天候はあまり芳しくないという
予報もございましたため、実は内心、無事に帰ってこられないのではないかと思っておりました。

確かにスピンこそ(当チームに限った話ではなく)多発しておりましたが、お陰様で
アルトバンは無傷。

序盤はセッティングが全く取れず、かなり四苦八苦させてしまいましたが、中盤にはようやく
落ち着いてきて、終盤にはベストラップ更新の嵐と、嬉しい展開となりました。

そもそも、前日にございました予選には参加しておりませんでしたので、本日は後方からの
スタートとなりましたが、土砂降りの中でスタートしたドライバーさんがサクサクっと
ゴボウの先くらいは抜いて下さり、その後はその順位をキープしていたところまでは
記憶しております。

また、正確な順位が分かりましたら、レポートと合わせてご報告いたしますので、
今しばらくお待ち下さいませ。

Team WR

1週間前から、前日から、本日も朝早くから夜遅くまで、たくさんの方のご協力を賜り、
スムーズにレースへ赴くことができました。

ご協力下さいました皆様、本当にありがとうございました!!

また、応援して下さいました皆々様にも、この場をお借りして御礼申し上げます。

今日ご参加された皆様、ゆっくり休んで、また明日からのお勤めも頑張って下さいね!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

当店のレースカー、HA23V アルトバンのその後。岡国の軽四耐久レースに参戦します!

昨年の6月に行われました岡山国際サーキットでの軽四耐久で、完走を果たしました
当店の3台目のレースカー、HA23V アルトバンくん。

最後には、ちょこっと痛々しい姿になってしまい、帰ってきてからすぐにドアの
交換はしたものの、フェンダー部分の鈑金は手付かずのままになっておりました。

(過去ログ6月21日(日)岡山国際サーキット K-CARミーティングの結果ご報告参照)

で、先のGA2シティに引き続き(当店のfacebookページ参照)、HA23Vにも何やら動きが・・・。

そう。あくる日、いつもお世話になっておりますカーメイクイノウエさん(鈑金屋さん)のところへ
ドナドナ・・・もとい、回送されていきました。

もちろん、鈑金屋さんへ運ばれた車がどうなるかなんてことは、言わずもがな。

そして、数日ぶりに帰ってきました、アルト バーン!!

ゆで卵のような、とぅるとぅるお肌になって戻ってきました!!

さっ、可愛い姿に(?)戻ったところで早速、出番ですよ~。

と言うことで、今年も軽四耐久レースに参戦いたします!!

告知がなかなかできずに、申し訳ございません。非常に開催日が差し迫っておるのですが、
来週の週末、6月19日(日)でございます。

場所は昨年と同じ、岡山国際サーキットでございます。

開催の概要につきましては、公式サイトをご覧下さい。

岡山K-CARミーティング

本来ですと、18日(土)に予選があり、19日(日)が決勝と2日に渡ってのレースなのですが、
当店の都合により予選には参戦致しません。(すみません)

従いまして、本戦は後方よりのスタートとなります。

んが、長い長い7時間耐久ですので、気にせず全力完走したいと思います!!

今回は、既にドライバーさんがほぼ決まっております。
中には、レース参戦が初めて、サーキット走行すら初めて、のような方もいらっしゃいます。

若いお客様が、少しずつステップアップして運転が上手になっていくのを見るのは、
良いものですね!(*^-^*)

あくまでも事故・ケガの無いよう、でも全力で頑張って参りたいと思います!!

多分、私はお肉でも焼きながら(??)まったり眺めておりますので、お時間がございます方は
手伝いがてら、遊びにお越し下さいませ~!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

12月6日(日)マツダファン・エンデュランスのレポート!

いやはや、時間の流れとは酷なものです。

気が付けば、レースから3週間・・・。きっと、私の周りだけ時間の流れ方が早いんだわ。

と思わずには居られません、今日この頃。だって、師走ですもの・・・。

すみません、言い訳が多くてお見苦しくて本当に申し訳ございません。頑張ります。

つきましては、当日のレポートをザクザクとご紹介致します。

まだユーロカップのレポートも控えておりますので、早足で参ります。

 

当日はなんとゲートオープンが6時とか。早い!

しかも場所は岡山国際サーキットですので、出発も早い!と言うことで、4時集合。

暗い、寒い、眠いの3拍子揃った始まりでした。

↓画像はクリックすると大きくなります!

Team WR

今回は・・・どこから行ったんでしたっけ?中国道?美作IC??

ということは、そのすぐ手前の楢原PAでしょうか?トイレ休憩。この時点で5時半です。

Team WR Team WR

高速を降りて、えんやこら。ひたすら町中→山道を走りぬけ、ようやく岡国到着!!この時点で6時40分!!

Team WR

いかんせん、スケジュールが過密でございまして。7時20分より受付。8時から出欠確認とブリーフィング。

8時50分には車検があり、9時25分には予選。しかも予選は2クラスに分けて、各グループとも10分間のみ。

ひとまず予選まで終われば、あとは12時10分の決勝前ブリーフィングまでアイドルタイムになりますし、
何よりまともにテスト走行すら出来てないので、何としても予選の10分はフルで走りきるぞ!

を目標とし、まずはピットを探すところから。(この辺りはバタバタで写真がございません)

ひとまず入り口の係りの方にピット番号を聞いて、まっすん号を降ろす。荷物を降ろす。テントを設営する。

今回はマツダのファンミーティングですから、イベント盛り沢山。

コースを使用するイベントもいーっぱいあるので、ピットも前後2列で使用。横は4台くらい詰めてます。

しかも、殆ど皆さん、既に準備万端。朝、早いですね・・・。辺りはマツダ車ばっかり(当たり前)

勝手も分からず、さすがのTeam WRもたじたじで準備を進めて参ります。

そうこうしている間に、受付の案内が。タコさんを引き連れて、向かいます。

Team WR

ピット2階に上がったついでに、展望をどうぞ。マツダ車がいっぱいの図。

Team WR

受付から戻ってきたら、まっすん号も落ち着いておりました。

Team WR Team WR

テントもバッチリ。今回は寒いことを想定して横幕もしっかり貼り付けます。

Team WR Team WR

まだオールペンほやほやでデコレーションを何もしていないまっすん号。

持ってきていたステッカーから、受付でもらってきたスポンサーステッカーから、計測器まで貼りまくり。

ここは本職の銀次くんが本領発揮・・・?

コミネッティ先生と赤い人さんもご協力の元、ちゃっちゃとまっすん号を仕上げて行きます。

Team WR Team WR Team WR

そうこうしている間に、マツダサーキットトライアル(JAF公認タイムアタック)が開始されました。

うひゃー、ロータリー車ばっかり!(たぶん、そういうクラスだと思うのですが)

Team WR

過密スケジュール、侮りがたし。休む間もなく、ブリーフィングのお時間です。

道中、なかなかレアな旧車を発見致しましたので、とりあえす記念に・・・。

Team WR Team WR Team WR

基本的にはシグナルの確認とルールの確認、ってなところだったかと思います。ごめんなさい。

あくまでもナンバー付きの車が前提ですので、無理せず安全に、が主旨です。

で、ブリーフィングが終わり外に出てみると、ひたすらAZ-1がずらりと行列を作ってました。

まだ、こんなに現存してるんですね~~~、スゴイ・・・。

Team WR

あ。コスモスポーツが増えてる。

Team WR

ピットに帰ってきたら、車検待ちのため少し時間に余裕が出来たようで、まっすんで遊んでます。

お供えして、安全祈願。わざわざ店から持って来ました、写真とヘルメット。

しかし何も、鼻の下を伸ばしてる、その写真を持ってこなくても・・・。

Team WR Team WR

グダグダしておりましたら、車検班の方がご来場に。

言われるがまま、ウインカー左右、ヘッドライト、ブレーキなど灯火の確認。

あと、ブレーキマスターのタンクのキャップをテープで固定すること、バッテリの端子もテープで
グルグル巻きにして絶縁することを指示されました。

Team WR

その後、別の車検班の方が来られまして、ドライバーのヘルメットやらグローブやらを確認。

FIA規格か、JIS規格に適合していないとダメなのだそうです。

車輌の検査よりも、こちらの装備品の確認の方が厳しかったです。全ドライバー分ですから。

確認が終わったら、上の写真の車検ステッカーの下部にある白丸のところにハンコがもらえます。

さらにグダグダしておりましたら、早速まっすんのお知り合いの方がお越し下さりました。

Team WR

ちなみに、アンテナの先っちょに付いている『マス』旗は気のせいではございません。

ルマン24時間で特例で走っている『マンタ』が、いつも天井から動物のシッポのようなものをバタバタと
はためかせながら疾走しているんです。

店長、それを模したかったらしいです。色々と、無理がありすぎます。

黄色のガムテにアルミテープで文字を切り抜いて、急遽作成。裏にも文字、入ってます。

Team WR

さて、いよいよ予選の時間が近付いて参りました。

セッティングすら取れていないため、責任重大なトップバッターはもちろん、世界のF市さん!

かつてご自信もNA乗りであらせられたF市さん、FRの乗り方を体が覚えているかに掛かっています!

Team WR

へ~~~~~ん、しんっ!!とぅぉっ!!!!

Team WR

そんなことをしている場合ではありません。予選、始まります。颯爽と乗り込み、裏からコースイン!

Team WR Team WR

Team WR Team WR

ピットロードから見た、各ピットの光景。ひたすらマツダ車が並んでます(しつこい)

Team WR Team WR

10分の予選はあっという間に終わりました(1周2分強。最初はタイヤを温めなくてはなりませんし。)

ギリギリ4週くらい走れました。

Team WR Team WR

久しぶりの後輪駆動に乗った感想は・・・??

『僕(が乗っていた)のより遅いね~~~』

そ、そうですよね。前に乗ってはったの、テンハチ(パチ?)ですもんね。
周りのNAとかNBとかのロードスターは、みんな1800ccですもんね。

そうですか、そんなに違うんですね。200ccの差って。

乗った感触をもとに、作戦会議が始まります。

Team WR Team WR

さて。予選が終わったところで本戦が始まるまで2時間半の自由時間となりました。

奥の方に出店もあるようなので、ちょっくら散歩に行ってみます。

Team WR

更にコスモスポーツが増えております。
(広報担当、極度のロータリー好きのためロータリー率が高くてごめんなさい)

乗馬教室の勧誘のため、遠路遥々やってきたポニーちゃん。

と、ポニーちゃんに相手をしてもらうのに必死な青パルさんの図。

Team WR

マツダさん、寒い中ご来場のお客様へおしるこを無料で配給されていました。

ちょっと薄めのおしるこに、白玉5個!5個ですよ、5個!!ありがとうございます。

Team WR

レディースの先駆け!!(言葉のチョイスが間違っております)

でも本当に、女性ドライバーでこれだけ躍進されている方を私は他に存じ上げません。

ん~~~、経歴を知れば知るほどスゴイ人なんですけど、一言で言うなれば、女性で世界最速ドライバー。

といったところでしょうか?

ちなみに今回も、自らが参戦されているわけではなく、今は女性ドライバーの育成に力を入れていらっしゃるようで、
その教え子達が参戦されるため来られているようです。

ブリーフィングにもいらっしゃいましたよ!

周りのお姉ちゃん達も、可愛い顔して・・・走ったら速いってんだから、たまったもんじゃありませんね!

Team WR

ピットに帰る途中、ハイセンスなカラーリングのAZ-1を発見!

Team WR

ますますコスモスポーツが増えてます!スゴイ!

Team WR

本戦までまだ1時間以上ある12時過ぎ。本戦のブリーフィングが行われました。みんなで出席!

Team WR

基本的なルールをみんな真面目にちゃんと聞いてるんですけれども、その最中にもサーキットの方は
何やら賑わっておるんです。

Team WR

気になる気持ちを抑え、何とかブリーフィングに集中を戻します。スクリーンも活用しながらシグナルのおさらい。

Team WR Team WR

とか思ったら、下の方からエェ~~~~~エンジンの音が聞こえて来ましたやん!

そういえば、マツフェスと言えば787Bのデモランが名物なんですよね。エンジン掛けてるんやろうな~。

色々なレジェンドカーまで出てきて、楽しそうなことになってるわ~!(盗撮)

Team WR Team WR

そして、ようやくブリーフィング終了!!すぐさま音のする方へ!!!!やっほーーー!!

Team WR

これね、またデモランの動画を撮っておりますので、後ほどユーチューブ経由でアップロードいたしますので
今しばらくお待ち下さいませ。

4ローター、えぇ~~~~~音してましたでぇ~~~~~(極度のロータリー好きゆえ、申し訳ございません)

寺田さんが気持ち良く走られて・・・いたのかどうかは存じ上げませんが、チェッカーを振られた後も
オマケの1周があったり何だったりしながら、デモラン終了。

さて。787Bのデモランが終わりましたら、いよいよTeam WRの大本命、耐久レースの始まりです。

皆さん、最後の車の準備です。悪あがきの真っ只中!(でも、これは効果ありますよ!!)

Team WR

ガソリンね。レース中、給油できませんからね。最初に満チクリン入れておかないとね。

こちらもドライバーが準備を開始し始めました。精一杯の一張羅!

Team WR Team WR

最後の打ち合わせでしょうか?

Team WR

続いてドライバーさんのファッションチェック(特に変わり映え無し)

Team WR Team WR

さて。スタート進行が始まりました。普段でしたらエンジン掛けて前進!ピットロードへ!

と行くところですが、燃費が命の今レース。ガソリンは数ミリリットルでも無駄に出来ません!

と言うことで、手押しです。手押し。

Team WR Team WR

Team WR Team WR

そんなみみっちぃ(※みみっちい=ケチ臭い、の意)こと~。

他のチームは、絶対そんなことして・・・・・・・・・ました~~~!!

Team WR Team WR Team WR

どこのチームも考えることは、皆同じ。手押しでピットロードまで出し、シグナルが青になったら
一斉にエンジンを掛けてコースイン!パレードランを1周ぐるりと周ってきます。

Team WRはゼッケン47。予選は全52台中28番目と、真ん中よりもちょっと下くらい。

でも、良いんです。だって、予選はガス炊き放題ですから。そりゃ、排気量が大きい
車が有利ってもんですよ。(2000ccのNCロードスターが上位にずらずらと)

Team WR

ひとまず、車が無事なうちに集合写真をば。

Team WR

まっすんも忘れずにね☆

Team WR

ちょちょっ、ちょっと待て、お兄さん!!

誰、誰ですか!?まっすん、こんなところに放置プレイしたのは誰ですか!!!?

化けて出てこられても、知りまへんで(ToT)

Team WR

他のスタッフ達は出発前の最後の準備に取り掛かっている頃(実はドライバーの4点式すら
締めていないような状態で出てきたのです)、マツ耐の集合写真のためせっせか前の方へと向かう私とWillの人。

ちなみにWillの人。大きなノボリを持って行ってたのですが、途中で実況のシャーリー半田さんこと、
半田哲也さん(オプション2の実況でもお馴染み。大変お世話になっております。)にちんたら
歩いているところを
見付かってしまい、マイク越しに『黄色い目立つノボリのウエストリバーさん、早く前の方に
来て下さいね~。じゃ、ウエストリバーさんが到着したら撮影しますんで!』

と宣言されてしまう恥ずかしいっぷり。顔から火が出るかと思いました。

で。前の方から撮ったらこんな感じ。

Team WR Team WR

軒並みNCとかNCとかNDとか並んでる中、上位にいるNAが一台。

こちら・・・このゼッケン46番・・・曲者です!!

我らの間では、セミワークス、と勝手に呼んでおります。マツダの開発者の方の趣味車。(まっすんのお友達)

趣味車ったって、知識も技術もドライバーも只ならぬ方たちですからね!

燃費走行しながら、ベストラップ1分53秒台をたたき出すとか。NAで。

いやいや、尋常じゃないですよ。どんなセッティングになってるんでしょうね?

元はと言えば、そこを目指したくて参戦しているようなものです。(結果、太刀打ちできませんでしたが)

次こそは、もう少し差を縮めたいものです。リベンジあるのみ!まずはデータ収集!!

さて、自分ところのグリッドに帰る途中。チラホラ、サービスショットもあったり、なかったり?

多分、ここに井原慶子さんもいらっしゃったような・・・。ザ・女の子チーム。

Team WR

まだ準備が終わっていなかった・・・これ、かなり間際です。ドタバタです。急いで!!

Team WR

ようやくスタートです。ローリングスタートの場合、フォーメーションラップを周り終わって、
最初のコントロールラインを通り過ぎた後でないとサインボードエリアに行けません。

遠くからスタートの時を見守ります。

Team WR Team WR

トップバッターのF市さん、絶好調・・・とまでは言いませんが、快調にラップを重ねて行きます。

コース上では、特にトラブルはなさそうです。燃費が大事なので、あまり無理はできませんからね。

しかし、やはりライバル(と一方的に思っている)ゼッケン46番とはラップタイムに10秒ほども
差があります。

実は最初から勝てる見込みが無かったので、密かにF市さんには特別ミッションが与えられていたんです。

『せめて最初くらいは46番の前に出て、一瞬だけでも1位を取る!』

しかし、全然歯が立ちませんでした・・・どうなってるんでしょうか、あのNBは。

とは言え、最初から飛ばして下さったお陰で順位はだいぶ前の方になりました。18番目くらい?

そして、45分が経過し最初のドライバーチェンジ。

ちなみに今大会は3時間耐久レース。そして義務ピット回数は3回。と言うことで単純に3で割って
一人当たり45分乗って頂く事になりました。

次のドライバーは釈迦力 山本さんです!

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

帰ってきたドライバーからの意見徴収と、そのご意見を踏まえての戦略会議。

車の挙動や何コーナーは何速で走れるとか、ブレーキを踏むタイミングとか、基本的にこの
まっすん号に乗ったことない方々ばかりなものですから、全ての情報を拾えるだけ拾います。

Team WR

閑話休題。少し息抜きにぶらり旅をしてみたら、カーズなマツダ車がずらり。

Team WR

さて、ピット。その後の状況はいかほどに・・・?

みんながモニターを見つめる中、淡々と釈迦力さんは快走中。特にトラブルも無し。

とは言え、なかなかペースは上がりません。

その後ろでは、シフトを握りながら、(たぶん)回転数がナンボのところを指したら・・・
みたいな話をされてるF市さんと、真剣に話を聞くタコさん。

Team WR Team WR

仮眠中、銀次くん。朝、早かったもんね~。

Team WR

今と未来のエースの2ショット!

Team WR

と、のんきに構えておりましたら、イエローフラッグが振られたとの知らせが。

今で釈迦力さんが乗り始めてから30分ほどが経過した頃でしょうか。

次のドライバーはタコさん。すぐさま準備を始めます。

Team WR

ドライバーの準備ができたら、頃合を見てピットインの指示。

この頃合、と言うのが肝でして、すぐにピットインしてしまうとコースインする際に
ピットレーンで大渋滞が起こってしまうんですね。

なので、やはり『頃合を見て』となるわけです。

さぁ、まっすん号がピットに入ってきましたよ!

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

あっという間の流れ作業。

何度も言いますが、今大会では給油はございません。トラブルでもなければ、ドライバーチェンジのみです。

ピットインしたらまずエンジンを停止させ、そこからエンジン始動までが1分以上のレギュレーション。

もちろん無駄なく、速やかに作業を行い、1秒たりともロスすることなくバトンを繋ぎます。
(大げさですけど、気持ちはそれくらいのつもりです。気分はF1ドライバーですよ!)

そして、降りてきた釈迦力さん。お疲れ様でした。

Team WR

感想としては、やはりノー給油の耐久だけあり、周りもそんなにガンガンじゃないのが新鮮だったようです。

車の感想は・・・確か、ストレートで周りの車に置いていかれるとか。

結果、遅い!って言うようなことをおっしゃっていた気がします。

しかーし!それでも、持ち前のチーム力と、戦況の判断力と、愛と気合と根性で、気が付けば15位まで浮上!
(そういえば、釈迦力さんのときだったか一時は13位くらいまで浮上してクラス3位になっていた瞬間もありましたね)

Team WR

相変わらずトップチームとはラップタイム10秒ほどの差が開いたままですが・・・。

とは言え、FRに慣れないタコさん、初めてのFRでよく頑張ってます!
(ところどころ第1コーナーでタコ踊っているのを監督が発見しておりましたけれども)

あ、そうそう。そういえば、マツ耐では無線の使用が不可のため、ドライバーとの連絡は携帯で行っております。

で。通話しっぱなしにしているわけなんですが、サーキットの裏に行くとどうにも電波が悪い。

きっと他チームも電話で連絡を取り合っていることでしょうから、電話回線が混雑しているのか、どうなのか。

監督『もしもーし!』
ドライバー『・・・(雑音)』
監督『もしもーーーーし!!』
ドライバー『・・・(雑音)』

お陰で、車体に取り付けております燃費計の数値を毎周コントロールラインの辺りで読み上げていってもらい、
データを集計しておったのですが・・・。

全くもって読み上げる数字が聞き取れません。

さらにラップを重ねるとあんまり応答が無さ過ぎて、にっちもさっちも行かなくなったので一旦、通話を切るわけです。

そして掛け直すんですが、相手はドライバー。レーシンググローブをした手で、どうやってスマホの
液晶パネルを反応させるのか。

無理です。

というわけで、なかなか電話に出てくれません。

しばらく待っていると・・・。

監督のスマホが鳴り出した!!監督『K西くん(タコさん)からや!!』

チーム一同、やったー!と言わんばかりに固唾を飲んで見守ると・・・。

監督『・・・あ゛』
一同『??』
監督『切ってもーた!普通に間違えて切るボタン押してもーた!!』

・・・アホですな(関西では褒め言葉です。悪しからず)

一同から散々、ヒドイ!と監督が袋叩きにあったのは、想像に難くなく・・・。

その後、再度掛けなおして何とか通話が出来るようになりました。相変わらず何言ってるか分かりませんが。

かくして、それ以外では特に大きなトラブルも無く、無事に45分が経過。ピットインの指示。

そして、燃費計の数字はそのときに読み取る方向に。

ラストドライバー、本当は影ながら監督も出陣の用意を始めておったのですが、釈迦力さんがSCの関係で30分しか
ドライビング出来なかったことを気に掛け、再度釈迦力さんに出動命令が下されました!

ん~~~、でもちょっと、監督のレジェンド的な走りを見てみたかった気もしますねぇ。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR

さて、色々とヒドイ目に遭わされながらも、緊張感からようやく開放されたタコさん。お疲れー!

やはり、初のFRはなかなか恐かったようです。

1コーナーでフラフラしていたのは、燃費を気にしてブレーキを踏まずに4速で突入しようとしてのことらしいです。

プレイベートではゴリゴリの4WDスカイラインGT-R32に乗ってるタコさん。

いかに普段はデフの恩恵に預かっているか、かなり実感できた模様です。それもまた、勉強!

Team WR

そして、肝心の燃費計ですが・・・数字が・・・リセットされていたらしいです・・・。

原因が何かはさっぱり分かりませんが、何せバグが発生してデータが巻き戻ってしまったようです。

今まで積み重ねてきたデータが、パァ。

一番の問題は、今、燃料タンクにどれだけのガソリンが残っているのか、という一点。

これは困りました・・・。

現状、1周辺り2分7秒前後のタイムで400cc・・・だったかな。600ccだったかな。
データは近々、当チームの頭脳班担当コミネッティ先生より頂戴する予定ですので詳細は後日。

何せ、データ通りに計算するなればまず、ガス欠は大丈夫。・・・のハズ。

あとはラスト、どこまでプッシュできるかがキーポイントに。

とは言え、(同クラスで)前を走っている車とはほぼ同じペースですし、後ろの車もほぼ同じペース。

このままでは抜けもしないし、何も無ければ抜かれもしない・・・。

釈迦力さんも最後とばかりに攻めた走りだったんですけれども、他チームもここぞとばかりにペースを上げて
きてましたからねぇ。

決勝結果を見たら一目瞭然ですけれども、ベストラップは50~60周台で出してるところが半数ほど。

結果、4位もトロフィーを頂けたようなんですけれども、この時点でまだそれを知らなかった監督は、なんと

『3位に入れないんだったら意味無いから、ガス欠になってでも前の車を抜かして!』

という、耐久にはあるまじき指示を飛ばすほど。

悶々としながら、残り時間3分。

ん~~~~~、実力差は致し方ないにしても、せめてクラス3位には入りたかった!

Team WR

そして、このままチェッカー!(動画ばっかり撮っていて、帰ってくるところの写真がございません)

しかし、燃費計の壊れたまっすん号。というか、釈迦力さん。なかなかの攻めた走りで、参考にするは
純正のガソリンメーターだけな状態。

さて、今の残量は・・・

Team WR

・・・余裕でエンプティーを振り切ってました。

さーーーて、帰ってからガソリンの残量が楽しみですね。

Team WR

どうでも良いですが、まっすんを召喚するために必要な、何かの骨。(3番プラグのふもと)

意外と無事に残ったままでした。

その後はパレードランなるものが繰り広げられ、それを横目にちゃっちゃか片付けを始める一同。

さすがに片付けも手馴れた物。早かったですよー!

Team WR

全部片付け終わった頃に、表彰式の案内が。ここで初めてクラス4位にもトロフィーがあるらしいという
情報が入ってきたため、会場に向かうことに。

あ!肝心のまっすんの遺影、積車の上のロードスター(Tカーになる予定でした)に入れちゃいました!

と言うことで年甲斐も無く、積車の2階によじ登る監督。若い!!

Team WR Team WR

さて、表彰式会場。いざ表彰式が始まるのかと思えば・・・

なんと今レースではペナルティーが続出し、その集計がまだ出ていないとかで、表彰式は無し。

後日、正式な結果が出たら個別にトロフィーを送ります。

というお知らせでした。残念!

あと、あまり公にはなっておりませんがチェッカーが振られたあと、最後の最後で実は赤旗が出まして。

最終コーナーあたりからガス欠でとろとろ慣性だけで転がっていたロードスターに、
コントロールライン手前くらいで後続のロードスターが勢い良く・・・な状況が起こったんですね。

どうやらドライバーの方は皆様ご無事のようで、それが何よりでした。

従いまして、決勝結果はチェッカーを受けた後ではなく、赤旗が振られた2周前の時点での順位を
基準に決定されるとか何とかおっしゃっていたように思います。

色々、集計がめんどくさい、ってことですね。

Team WR

帰った直後、当ホームページでのお知らせで、暫定4位と申し上げていたのは、そのためだったのです。

結果、クラス上位のチームで賞典外(きっとナンバー無し車だったのだと思います)の方が
おられたため、最終的にはクラス3位に繰り上がったTeam WRだったわけですね。

 

さて、初参戦となりましたマツ耐。レース以外でも催し物、旧車、名車などが見られたり
非常に内容の濃い一日となりました!

残されたデータを基に色々と分析し、次はもう少し順位アップを目指すTeam WRの予定です。

そうです、次です。次。来年、つくばにも行くとか何とか言ってました。本当でしょうか??

また残ったガソリンとか、動画とか、細々と掲載いたしますね。

ご静聴、誠にありがとうございました。

Team WR

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

緊急告知!本日『走改☆車楽!』にてユーロカップの模様がオンエアされます!

オンエアは年が明けてからじゃないかな~。

なんてご回答をしてしまいました皆さん、本当に申し訳ございません!!

なんとなんと早速、本日、深夜からテレビ大阪にてオンエアが決定致しました!

後半部分から来週にかけてのようですので、もしかしたら耐久の部分は次回に持ち越しかもしれません。

もう一度、申し上げます。

Team WRが映っているのは次回放送分”かも”しれません。

悪しからず、ご了承下さいませ。

とは言いましても、スプリントならスプリントでBMWチャレンジカップに参戦されていらっしゃった
釈迦力 山本さんがシリーズチャンプを獲得されましたからね!表彰されていましたからね!

(表彰式の時間が耐久レースのスタート時間と被っていたため、スターティングドライバーは初のタコさんに・・・)

ばっちりインタビューを受けておられましたからね!!(証拠写真アリ)

Team WR

ですので、どうぞご期待下さい!!

関西ローカル番組
『走改☆車楽!』テレビ大阪 公式サイト
『走改☆車楽!』オフィシャルサイト

本日は2:35~の放送となります。

繰り返します。本日は2:35~の放送となります。

忘れず、録画を行いご覧になって下さいませ!!

※本年度中の放送は、本日が最後らしいです。と言うことは、耐久は新年最初の1月4日(月)からかと思われます。

それでは皆様、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

Team WR

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム > Team WR

 
Search
Feeds
Meta

解析結果

Return to page top