Home > Team WR > 8月7日(日)ユーロカップ夏の9時間耐久のレポートです!

8月7日(日)ユーロカップ夏の9時間耐久のレポートです!

お盆休みも挟みましたため、レポートが遅れており大変申し訳ございません。

ようやく完成致しましたので、どうぞご覧下さいませ。

9時間も走っておりますので、画像は膨大な枚数となっております。
パケット通信料にはどうぞ、ご注意下さいませ。

↓画像はクリックすると大きくなります!
午前4時半ごろWest Riverに集合しまして、クーラーボックスの氷ですとか冷やした飲み物など、
最後の準備を確認してから出発いたしましたのは5時15分頃となりました。

9時間もレースをする夏のお祭りは、スタートも早く、7時に受付開始とのことで、セントラルサーキットと
場所はそこまで遠くないにも関わらず、朝が早い一日となりました。

Team WR
積車にレースカーとTカーのルポを2台積み、テントや工具を満載した軽バンと、人の運搬用グランビアの3台体制です。

高速道路は順調で、およそ1時間で現地入りしました。
いつもの向かいの駐車場でUターンをして、6時半の開門を待つつもりが・・・対向車側が大渋滞を起こしてます。

そして、目の前を横断していくヨーロピアンなお高級車たち。

こ・れ・は・・・もしや、台数が多すぎてフライング開門したパターンですか??

Team WR
Team WR
ピット前も大混雑の中、何とか自ピットに到着。ちゃっちゃと準備を始めてまいります。

Team WR Team WR Team WR
ものの20分ほどでテントの設営など大方の準備が整いました。早っ!
ベストメカニック賞などがあれば、きっと受賞されていたとこ請け合いの当チーム。
裏方も精鋭ぞろいです。頼もしい!

7時15分よりスタートのテスト走行&予選にも、ギリギリ間に合わせてコースイン。

Team WR
その直後より開始のブリーフィングには、ドライバーさんに付いてお邪魔してきました。

Team WR
Team WR
なんと、サーキットのオーナー井入さんもいらっしゃるではないですか!
信号、給油など危険が付きまとう作業にまつわるレギュレーションについては、
直々に事細かな解説をして下さってました。

ブリーフィングが終わりピットへ帰ると、予選から帰ってきたルポに最後のチェックを行っているところでした。

休む間もなく、このままスタート準備でコースイン。

Team WR Team WR Team WR
そのままスタート進行です。

Team WR Team WR Team WR
1周まわってきたルポを誘導していると、走改車楽さん、発見!今日も1日宜しくお願い致します。

Team WR Team WR
まずはスタート前、車がまだ無事なうちに記念撮影を1枚!!

Team WR
第1ドライバーは留保 五男(ルポ イサオ)選手!いつも耐久の節にはお世話になっております。

Team WR
スタート3分間につき、グリッドウォークが終了。ピットへ帰ってくると、丁度ピットのど真ん前に見たことのある方が・・・。

これは、当店のお客様!!!?

今回、初めてレースに応援に駆けつけてくださったヴィッツ TRD乗りのご家族様でした。
暑い中、ありがとうございました!!
この後、ピット内へお招きし、一緒にお肉を頂きました。

Team WR
さて、8時ちょうどよりスタートしました9時間耐久レース。

ちなみに予選は1′39″722のタイムにより17番手スタートとなりました。
ドライバー1人あたりの連続運転時間は50分厳守。

よほどの何かが無ければ、恐らく50分サイクルでひたすら走り抜く限りだと思うのですが・・・。

まだ、きちんとセッティングが出ていないルポですので、皆を集めて緊急作戦会議。

Team WR
そして、よほどの何か、も特に無く最初の50分が過ぎようとしておりました。

序盤にスパーンと順位を上げて、10位のところで最初のドライバーチェンジ。
次のドライバーは、ルポ兄弟の三男、留保 三男(ルポ ミツオ)さんです。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
燃料計があまりアテにならないこちらの車なので、給油の作戦はピットインのたびに溢れるまで投入!です。

他にもタイヤの空気圧、タイヤの温度、ハブボルトとホイールナットの増し締めなど、作業は山ほどあります。

これをいかに最短時間で行い、ピットインを最短で済ますかが当チームの腕の見せ所!

みんな走り回って、機敏な動きで作業を行います。

降りてきた第1ドライバーの五男さんには、セッティングの具合や走り方など、他のドライバーや監督が
事情聴取のごとくひっきりなしにむらがります。

Team WR Team WR Team WR
第2ドライバーの三男さんがスタートしておよそ50分が経過。
引き続き大きなトラブルも無く、順位は1つ上がって9番手で第3ドライバーに交代となりました。

第3ドライバーはThe Team WRのエースドライバー、赤いトルコ国旗のヘルメットがインパクト特大な、世界のF市さん!!

給油から、各所の作業まで約4分のスムーズなピットストップ。素晴らしい!

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WRTeam WR
Team WR Team WR Team WR
トルコ人、F市さん!チームの期待を一身に背負ってコースイン!!

Team WR
かたや、暑い中サウナと化しているルポの中で50分閉じ込められていた三男さんは、扇風機の前でおくつろぎの模様。

Team WR
早朝スタートで最初こそ、まだ何とか耐えていられましたが、正直暑かったです。ホンマに。

さてさて、SCこそところどころは出るものの、トップ集団には大きく引き離され、後ろは周回遅れのため
順位にはさほど大きな影響の無いまま、続いて第4ドライバーへ交代するようです。ピット内に動きが。

しかし、本当に順調です。

Team WR Team WR

レースの直前にレーシングスーツ一式を揃えた銀次が、お披露目自慢です(笑)

Team WR

ハイハイ、ルポが入ってきますよ~!気を引き締めて!!

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
F市さんも、半ば熱中症になりかけながらフラフラで帰ってきました。お疲れ様でした。
こちらもルポの感触を確認するため、監督始め色んな人に感想を求められるF市氏。

Team WR Team WR
さて、何事も無く銀次も50分走りきれるかな・・・と思っておりますと、走り始めて20分ほど経った頃に
またもやピット内で動きがありました。替えタイヤに空気を入れだす監督。

Team WR
何と!どちらかの車輌がコースアウトされ、引き揚げ作業に時間が掛かっている模様。
今レース初の赤旗が出てしまいました。
ひとまずは、ピットレーンに並ぶように指示され、コースオープンのシグナルを待ちます。

Team WR
待っておりましたが、およそ5分ほどが経過し、引き揚げ作業にもうしばらく時間がかかりそうだと
判断され、一旦ピットへ戻ることに。コースには出られませんので、先頭側のピットからピット裏に
出て、ピット後方側よりピットレーンに復帰するルートでピットへ戻ることとなりました。

ピット裏で遭遇した、銀次。

Team WR
くる~っと回って、ピットインして参りました。
監督の判断により、フロントタイヤ2本を交換します。給油なども今のうちに済ませます。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
一部から仕入れてきた情報により、なけなしの保冷剤でエアクリを冷やします。
冷やすと、速くなる・・・らしいんです。効果の程は分かりませんでしたが(^-^;)

と、外したフロントタイヤ。意外とまだまだ使えそうな感じですね?

Team WR Team WR
赤旗中断、ピットインしてからおよそ20分ほどが経過し、ようやくリスタートとなりました。

オフィシャルの方に確認しましたところ、リスタートの際は完全に仕切りなおし。
中断時の順番にグリッドに並び、再びローリングスタートで再開。
ドライバーは連続運転時間もリセットされるので、続けて乗ってもOKとのことでした。

せっかくですので伸び盛りな若手のエース、銀次に再び乗ってもらいます。50分。
休憩、たっぷりしましたからね、大丈夫ですよね?

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
リスタートしてからおよそ10分後。順調、順調と思いきや、当チームのルポにオレンジボール
(黒地にオレンジ色の〇、ちょうど日の丸の白い部分が黒で赤い部分がオレンジ)のフラッグが
振られました。

こちらのフラッグ、意味は【不良箇所があるのでピットインして直してきなさい】とのこと。

何があったのかと思いきや、無線から『自爆しましたスミマセン』の声が。えぇぇ。
滑って回ってお尻だけコチ当てて来たようです。
見た人の話によると、リヤバンパーがぷらんぷらんしているとのこと。
ガムテープでベタベタに貼り付けるか、いっそ外してしまうか・・・。

ピットインをしたら、いかなる理由でもドライバーチェンジが必須。
何にせよ、ピットインの準備を慌しく行っておりますと・・・。

裏ストレートで見ていたメンバーより『バンパー外れましたーーー!!』

Team WR
あっちゃー・・・。

他のチームの方々、誠に申し訳ございません。

と、真面目な面持ちで見守っているんですけれども、落ちたバンパーのすぐ脇を車が通過すると、
軽いリヤバンパーがふわっと立ち上がるんですよ。ふわっと。

そして、ふわっと倒れるんですよ。ふわっと。

その光景があまりにシュールすぎて・・・思わず笑けてきてしまいました。
ご迷惑をお掛けしておりますのに、本当に申し訳ございません。

Team WR Team WR
当然、SCが導入されて落下物の回収となります。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
返却されたリヤバンパーが、こちら。

Team WR
引きずったのか、落ちかけたときにマフラーに当たった熱でか、塗装が泡立ってます。
ネジで固定するところも完全に千切れちゃってます。どうしましょうか。

散々、他のチームの方にはご迷惑をお掛けしましたが、無線で確認する限り特に異常は無いようなので、
このまま持ち時間の50分は走りきってもらうことに。

Team WR
この少し手前から、これまた京都より遠路遥々、応援に駆けつけてくれたお客様が、外れかかった
リヤバンパーで走っているルポですとか、無駄にカッチョエェ走ってるルポですとか、近頃では
なかなか見られなかった車輌の写真をゴッツイレンズのカメラでたくさん撮って下さってます!!

下の方でも数点ご紹介しておりますが、データはお店のPCに放り込んでおりますので、ご入用の方は
メモリー持って遊びにお越し下さい♪

Team WR
ついでに、ニューアイテムもご紹介しておきます。The 監督イス。

布地は全てイメージカラーの黄色で纏められ、背もたれ部分には表と裏にWest Riverのロゴが
入っています。黒い脚がハイセンスな雰囲気をかもし出す珠玉の逸品。
一度座れば、気分はまさしく監督。

と、BGMにはビフォーアフターのアノ曲をイメージしながら読んで頂けると幸いです。

Team WR Team WR
リスタートより50分が経過。
アクシデントはあったものの、SC導入により結果、順位に変化は無く、次のドライバー五男さんに
スタンバイしてもらいます。

Team WR Team WR
完全に余談ですが、今回は昨年の9時間耐久で足廻りの作製からセッティングからベストラップから
全てにお世話になりました丹羽レーシングの丹羽さんが諸事情によりご参加頂けず、
いつもレースカーのメンテナンスでお世話になっておりますZ-SPECの外園社長もお仕事がお忙しく
ご参加頂けませんでしたので、エアコンプレッサーも久しぶりに持参しました!

Team WR
さ、銀次が乗ったルポが入ってきますよ!

Team WR Team WR Team WR
いつもの作業は当然のごとく。しかし、やはり傷めた部分が気になります。
当然、具合の悪いところは補修作業も欠かせません。
バンパー周りは綺麗に完全に外れてくれていたので、さほど問題はなさそうです。
フレーム、その他走行に支障がある様子もなさそう。
ライセンス球のハーネスがぶら下がってマフラーに干渉しそうでしたので、ガムテープで
貼り付け応急処置を。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
今、確認したら余分な作業もあったにも関わらずピットストップが2分ほどでした。
だいぶ作業が手馴れてきている様子です。

銀次には、事故の時の状況と自己分析と、その後のタイムアップ(リヤバンパーが外れた故の
軽量化、というウワサもあったり無かったり)した理由をみっちり語って頂きました。

Team WR
12時を回りまして、ボチボチ肉を焼いていたんですけれども、いかんせん暑すぎて皆様、食が進みません。
が、岩牡蠣なるものを持参されるツワモノもいらっしゃる今日この頃。
コンロの片隅でジワジワ焼かせて頂きました。

Team WR
肉を焼いていて油断してました、気が付けばドライバーチェンジです!

相変わらず順位は変わらず9位をキープしたまま、三男さんに交代。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
非常に残念ながら、前後の車とバトルですとか、どこかのチームがクラッシュされるですとか、
何かが起こらない限りはひたすら、黙々と走り続けるのが耐久レースですので、正直あまり
解説することがないんですよ。

と言うわけで、やはり順位は変わらぬまま50分が無事に経過して、F市氏にバトンが渡ります。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
さて、毎回毎回、溢れるほど給油している当チームなのですが、一応は20リッターごとに
分けて投入しております。

もちろん、SCが入ったりすれば20リッター全て入るわけではないので、余った分ですとか
入れやすい携行缶がありますので、そちらに移し替えて使用しております。

当初は5缶分を満タンにして(合計100リッター)準備していたのですが、それでも少し足りなさそうな気配です。

Team WR
本当に代わり映えのしない文言で申し訳ございませんが、引き続き9番手を走り続けた
F市さんが帰ってこられました。

この頃になると、前のチームとは3週差、後ろのチームとは2週差。
なかなかバトルらしいバトルもなく、まさしくドライバーさんが己との戦いの中で走られて
いるような状況です。

銀次、行って来~~~い!!(※お客様です)

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR
やはり、ドライバーチェンジ&給油、その後他の作業と合わせても2分程しか経っていません。
チームワークでは負けない、Team WRです!!

ここで、監督より燃料補給の指令が下りました。
昨年も120リッター使用しており、今回もこのペースでいくとあと20リッター足りないとのこと。

1缶20リッターを1人で持つと重いから、2缶10リッターずつで買ってきて!

と言うことで、当店でAE86をご購入下さり、ご納車したその日にタイヤを縁石にブチ当て、
その直後の軽四耐久では自ら『縁石アタッカー』の名前でエントリー下さった、ユーモアのセンス
溢れるT中君を引き連れてガソリンを買いに行きました。

Team WR
受付で『ガソリン20リッター下さい!』と申し出ると、スタッフのお姉さんが出てきてくれます。

Team WR
さて、2人で持って帰ろうと私が1缶、手に持ったその瞬間!

ふわっと携行缶の重量が無くなりました!!!!

えっ?えっ??と後ろを振り向くと、カメラが似合うY開君が持っているではありませんか!!

良いよ良いよ、私が持つから。と何度言っても、

大丈夫です。僕が持ちます。と言って譲らないY開君。

惚れてまうやろ~~~!!!ホンマ、ありがと~~~~!!!!

Y開君(Yガイくん)は、NICE GUY!!(それが言いたかっただけ)

長いフリでした。お後が宜しいようで。ご拝聴、ありがとうございました。

Team WR
その道中、今レースの冠スポンサーであらせられるKWさんのテントには、トロフィーがスタンバイ
されておりました。
相変わらず、よーさんあります。1つと言わず、いっぱい欲しいですねー(*^-^*)

Team WR
ピットに帰ってくると、監督お疲れモードでした。
朝も早けりゃ、レースがある程度落ち着いてくるまでは気が張りっぱなしですからねぇ。

Team WR
F市さんは、久しぶりのサーキットにテンション↑↑上げ上げみたいです。
まさか、帰りにあんな大変なことになるとは、この時点では知る由も無く・・・。

Team WR
更にお店の近くにお住まいのお客様も応援に来て下さいました!
今回は、普段あまり来られない方がたくさん来て下さって、ピットも賑わっておりました!

Team WR
監督、寝起きの体操。

Team WR
かーらーのー、ドライバーチェンジです。次は三男さん。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
どうも自分の走りに納得がいかない様子のF市氏と、最近ノリにノっている若手のエース銀次で、
コーナーの処理の仕方、ブレーキの踏み方、などなど熱く語り合っている模様です。

Team WR
昨年は上位チームがことごとくリタイアして、棚からボタ餅状態で総合6位入賞を果たした強運の
Team WRでしたが、今年は皆様、しっかり車を作ってこられておりまして・・・。

そんな、ラップタイムで5秒ほども差のあるチームを抜き返すなんて、トラブルでもなければ
どだい無理な話っちゅーもんです。

しつこいようですが9位を保ったまま、最終ドライバーの五男さんに交代いたします。

Team WR Team WR
(恐らく)最後のピット作業。ミスの無いよう、且つ迅速に。

Team WR Team WR Team WR
Team WR Team WR Team WR
Team WR
行かれてしまいました・・・ここまで来ると、ベストラップ更新なるか!?
というところに注目が集まります。

三男さん、大変お疲れ様でした!!

Team WR
いよいよレースも終わってしまうので、少し散歩がてらピット最後方側の最終コーナーの
辺りまで写真を撮りに行ってみました。

立体交差を抜けてくるところですとか、最終コーナーの白熱したバトルを見れる、なかなかの
観戦ポイントですよ!

Team WR
と言うか、このときに初めて知りました!仮設ピットが立ってるんですよ!!

こちらの9時間耐久は、9時間、5時間、3時間、鉄人1時間耐久の4つのレースが同時開催で、
9時間が開始されてから4時間後に5時間組がコースインしてくる仕組みとなっております。

そのため、参加台数は合計すると41台だったみたいでですね。ピット、足りなかったんですね。

真っ白いテントの下で、車が作業されておりました。

Team WR
さて、ピットに戻りますといよいよフィニッシュを迎えようとしておりました。

Team WR
お子ちゃま達はサインボードエリアに立ち入れないので、ピット内から見守ります。

Team WR
この期に及んで、まさかトラブルは無いかとは思いますが、9時間という長丁場を乗り切ってきた
全ての車たち、ドライバー達に敬意を表して、チェッカーフラッグを振られるその瞬間を見守ります。

Team WR Team WR

すみません、ちょうどルポが通り過ぎるところの写真がブレブレで、掲載は諦めました。

※後日、お客様から寄贈された写真を眺めていたら、T川さんよりご提供頂いた写真に良いのがありました!
うっかり見落としておりまして、申し訳ございません。フィニッシュしたときの盛り上がりは、以下のとおりです(*^-^*)

Team WR Team WR Team WR

その直後の、みんなの嬉しそうな表情をどうぞ。

Team WR

チェッカーを受けたルポが帰って参りました。
五男さんも、セッティングが取れていない中、トップバッターとラストを締めて頂き、
ありがとうございました。

Team WR Team WR

結構、走行距離の行ってるエンジンなんですけれども、壊れる気配の無い安定感。

Team WR

丸裸になったお尻を眺める皆様。

Team WR

フロントタイヤとリヤタイヤの減り方は、こんな感じでした。
感想としては、リヤタイヤがまだまだ使えていないような?
セッティングには、課題が盛り沢山です。

Team WR Team WR

ひとまずリヤバンパーを応急処置で取り付けて帰ります。
ネジ止めする部分は、よくもげるらしいです。
帰ったら部品の注文をしなくては・・・(;_;)

Team WR Team WR Team WR

最後に、長い長い表彰式です。

Team WR

井入さんが表彰式にもいらっしゃいました。2016シリーズのレースプロデューサーに就任
されていらっしゃるようです。なるほど!

Team WR

クラスが多すぎて紹介しきれませんので、割愛します。

同クラスではルーテシアが参加されてましたが、お陰様でクラス優勝を果たすことができました。

Team WR

高級そうなトロフィーと、完走賞のTシャツ、キャップだけでも嬉しい物ですが、
今回はスポンサーのKWさんが大奮発!テーブルとイス4脚のセットまで付けて下さいました!

Team WR

ドヤァァァ(笑)

Team WR

大きい荷物、持って帰るのに往生します(^-^;)
何とかTカーのルポの荷室に詰め込みます。

Team WR

大きな荷物も詰める、走って楽しい走りの6MT、耐久レースも何のそのな耐久性!
皆様、どうです?乗りたくなってきたでしょ??(笑)

ちなみに、今年の総合優勝のトロフィーも凄かったです!

Team WR

ほ・・・欲しい・・・。
たくさんのトロフィーは要らないから、あのトロフィーが欲しいです!!

という一致団結した皆様のご意見により、来年こそは狙いに行くかも!?しれません。

その後は、宝塚の渋滞に引っかかりながらも無事に帰り、皆様のご協力の元、片付けも
早々に完了することが出来ました。

結果はもう少し、総合入賞に食い込みたかったところではありますが、車のスペック的には
なかなか難しいところの様ですね。

むしろ、上位陣は軒並みTeam WRよりもラップタイムが速いところばかりでしたが、逆に
ベストラップが38秒台で総合9位に食い込めたこと自体、やはりチーム力と、壊れない車作り、
車をいたわる走りが出来るドライバーさん、そのどれが欠けても耐久はできず、スタッフに
恵まれたチームだとしみじみ思います。

次は・・・マツダ耐久レース、になりますでしょうか?
また事前に告知するように致しますので、皆様も是非、耐久レースの面白さを肌で感じてみて下さい!

以下は、NICE GUYのY開君の写真です。
他にももっと良い写真がたくさんございます!
是非ともデータ、貰いに来て頂けると幸いです。

Team WR Team WR

Team WR Team WR

Home > Team WR > 8月7日(日)ユーロカップ夏の9時間耐久のレポートです!

Home > Team WR > 8月7日(日)ユーロカップ夏の9時間耐久のレポートです!

 
Search
Feeds
Meta

解析結果

Return to page top