03 201407 Team WR

6月30日(日)2014 岡山HOT-Kミーティングin OKAYAMA international circuitのレースレポート!!

壇ミツ浦が勤め始めて以来、記録を更新したと思われる早朝、4時半集合!(写真忘れました)

まだ辺りは真っ暗なWest Riverにみんなで集合。

そう、前日の夜遅くまでお仕事をされていらっしゃった、某ドライバー様1名を除いては(笑)

その方は現地集合とし、

積車→店長。
トランスポーター グランビア→壇ミツ浦(遅刻組ではございません!)

積車の助手席に1人と、グランビアに若者2人が乗り込み何だかんだと予定通りに出発!

そこまでは順調だったんです。そこまでは。

確か、神戸北インターの手前だったでしょうか。店を出発して30分くらい走った頃。

先導していた積車が、急遽路肩へ。

何事かと思ったら、血相を変えた店長が降りてきて・・・。

『消火器、忘れた』

オー マイ ガッ!!!!

ということで、

積車→壇ミツ浦(ギリギリ中型限定免許です)
グランビア→若者2人を乗せたまま、店長が爆走して取りに戻る。

と乗り換え、その先の三木サービスエリアで待ち合わせることになりました。

二手に分かれてから約1時間後。

爆走グランビアが戻ってきました。

そのすぐ後、某ドライバーのルポ様もご到着されました。

↓画像はクリックすると大きくなります!

Team WR

大きく出遅れてしまいました!

幸先が悪すぎる中、遅れを取り戻すためカルガモ隊、再出発!!

岡山国際サーキットに到着したのは、7時20分頃のことでした。

気が付けば、先に乗り込んでいらっしゃった専属(?)カメラマンHAMAKI氏が。

と言いますか、受付7時20分までですからー!!

みんな、アルトバンを降ろしたり、荷物を降ろしたり、受付まで走ったり、大忙し!!

そんな最中に、ブリーフィングの集合案内が始まります。

※現時点でメンバー6名中、5名がドライバー=ブリーフィング参加義務。

結局、6人揃ってブリーフィング会場に。

留守番をHAMAKI氏にお願いし、準備も何も途中で放ったらかしのまんまです。

コントロール2階のブリーフィングルーム。広い!!明るい!!綺麗!!

さすがF1も走ったことのある、由緒正しきサーキット。

そして、このエントリー数(ブリーフィングはスプリントと耐久、合同です)

聞くところによると、耐久だけでも48台だそうで。大混戦にならなきゃ良いですが・・・。

Team WR Team WR

戻ってきたら、次は車検です。あぁ、忙しすぎる。

Team WR

撮影禁止だそうで、一応、建屋の中は見えないようにしてみましたが・・・まずかったら削除します。

車検のメニューは、エンジンを切って押し進めて、灯火の点検。

その先、建屋に入ってすぐには地下が掘られており検査員が待ち構えているので、
その上を通して下廻りの点検。

最後に車内の点検。

と、最後の最後でまさかのトラブル発生!!

なんと、6クラスは助手席を外しての軽量化が認められていないとっ!!

まさしく前日、私が外しました・・・助手席。店舗内にポイしてきました。

ちょうど検査場の先に、同じことを言われた他のチーム様も、協議結果を待っておられまして。

そんな規則、見たかな、どうかな?とか。

去年も出たけど、そのときと同じ仕様なんだけど。とか。

早く準備の為にピットへ戻りたい気持ちで焦りもあり、協議結果がどうなるか不安もあり。

と、長らく待っておりましたら結果、出た!

一応、クラス変更は無しで、最終的にはペナルティでタイム加算予定とのこと。
加算タイムは、まだ未定。

致し方ないので、書類にサインをしてピットにダッシュしましたよ。

ピットに戻ると、準備はテキパキと進んでおり、いつも通りにサインボードエリアの
テントも設置されておりました。

Team WR

そして、ちょうど9時半からの予選に出るところでした。

Team WR Team WR Team WR

こんなに時間に追われてスリリングなことも、そうそうありませんよ(自業自得)

予選は、店長自ら出走。こまめにピットインしてきては、一庫ダム仕様のセッティングから
岡国仕様への擦り合わせを行い、20分を走り切り最終週の7ラップ目にして2’18.976のタイム。

Team WR

決勝は41番手スタートとなりました。後ろから数えた方が早い?

Team WR

ちなみに、最初は持ってくる予定の無かったテレビモニター。

使えるかどうかも分からなかったのですが、消火器を取りに帰ったついでに持ってきたそうで。

さすがに他のチームでも、なかなか持ってきてはないようで、チラチラ見に来られたりしてました。

やはり、あるとないとじゃ全然違いますね!!

 

少し話はさかのぼり、予選の間のこと。先ほど車検場にて話しておりました、
Team WRと同じように助手席を取り外していた他のチームの方がお越し下さいまして。

何でも、ロールバーを装着した車輌は軽量化が認められていたはず。
ということで、他のピットを見て回って来られたそうなんですね。
そうしたら、やはり他チームもロールケージが付いてる車輌はみんな助手席が
取り外されていたので、オフィシャルまで抗議に行って来られたそうなんです。

再協議されるとのことですので、結果待ちとなりました。ドキドキ。

その後、フリー走行が始まってからだったと思いますが、オフィシャルの方が来られまして。

今回は規則に助手席の詳細が記載されてないため、助手席の取り外しは許可します。
ただし、次のレースからはきちんと取り付けておいて下さいね。

と言うことで、ペナルティーは免れることができました!!

確か88号車の方だったと思うのですが・・・ご親切にわざわざ教えに来て頂き、
本当にありがとうございました。この場を借りて、お礼申し上げますm(_ _)m

 

時系列が行ったり来たりしておりますが、予選終了時に戻ります。

はてさて、出発から1時間出遅れております私ども、まだまだ落ち着く暇はございません。

ドライバー5名中3名が、岡山国際未経験者というツワモノTeam WR。
急遽、10時から行われますフリー走行(有料。レースとは別枠。30分)に参加することに。

1人持ち時間、約10分。2~3周しか出来ない!!

気が付けば、既にトップバッター、旧赤い屋根のアレに乗ってる彼が出走!!
(写真を撮り損ねました)

続いて会計士、show コミネッティ!!

Team WR

続いて不肖ながら、壇ミツ浦も出陣いたしました。

三者三様に、何かしら掴んできたものはあったようです。

壇ミツ浦も、とにかくアクセル踏む。体勢が悪いときこそアクセルを踏む。
何があってもアクセル踏む。アクセル踏んでりゃ、何とかなる。

ということをダブルヘアピン1つ目のコーナーで砂遊びして学んで参りました。

そういえば、昨年の軽四耐久でも、セントラルの第1コーナーで砂遊びしたなぁ。
とフラッシュバックしたとかしないとか。

その際には思わず止まってしまい、辛くも這いずり出た記憶がございます。

そういう意味では、アクセルを踏み抜いて無事にコース復帰した今回は、きちんと
学習していたと言っても良いのではないでしょうか!?ないでしょうか!?

以下、見にくいですが砂埃まみれになったアルトバンさんです。

Team WR Team WR Team WR

下廻りを覗いてみましたが、これと言って不具合は無さそうです。

決勝に向けて、このタイミングでタイヤのローテーション。

ここに来て、ようやく12時15分のスタート進行まで1時間ほどの空き時間ができました。

用事があったため途中から参加のヒロ・山本氏が到着。
いつもお手伝いに駆けつけて下さり、ありがとうございますm(_ _)m

時間が無く取り付けていなかった車載カメラを設置。

Team WR

予選、フリー走行後のタイヤの様子。前後入れ替えた後ですね。

Team WR Team WR

束の間のお昼休憩で、腹ごしらえも今のうち。

Team WR

ご飯を食べもっての1時間は、あっという間。スタート進行が始まります。

休憩時間中の作戦会議の結果、第一走者はshow コミネッティ。

Team WR Team WR

続いて第二走者は、三木のサービスエリアで合流いたしましたルポ様。
このルポ。侮りがたしGTIでして、純正からしてワイドフェンダー仕様の希少車らしいです。
日頃からユーロカップにも出られてるので、一番安心して任せられます。

第三走者は、旧赤い屋根のアレの彼。まだまだサーキット走行は数えるほど。
しかし、既に当店主催の走行会常連さんからは、若くて男前の彼に、運転の腕まで
負けてられるか!!と、対抗意識をバリバリ燃やされる、次期エース。

ここまでの順番は、顧客満足度No.1を目指し決定されました!!

あまり順番が後だと、車が無事でない可能性もございますので・・・。

続いて第四走者が壇ミツ浦。

トリは、レジェンド店長。一番美味しいところだが、乗れない可能性も一番高い所でもある(笑)

えんやこら押して、スターティンググリッドへ。

Team WR

あまりに台数が多いため、スタートラインから整列していては、最終コーナーを曲がった
所まで並んでいる恐れがあるそうな。

従って、スタートラインより前方、スーパーGTの時にも使用しているダミーグリッドを
使用しての整列となりました。

まぁ、スタート方式もスーパーGTと同じローリングスタートですからね。

41番手から見た、前方と後方。

Team WR Team WR

最後尾が、目と鼻の先です。

皆で記念撮影。

Team WR

スタート前の緊張した面持ち、show コミネッティ。でも、意外と余裕のサービスショットも。

Team WR Team WR

フォーメーションラップ開始直後のピット。

Team WR

と、フォーメーションラップが終わってスタートしたかと思いきや、1周走り切るや
否やのタイミングで、いきなりSCが入りました。

Team WR

そのSC、軽自動車ばかりの耐久レースに、なんと立派なレクサスISでございまして。

多分、きっと、気を遣って、ものすごーーーくスローペースで走ってはるんやと思うのですが、
無線で『SCに追い付かない!!』と入ってくるほど、なかなかのハイペース。

いつまで経ってもフォーメーションが整わず、ようやくSCが解除になったかと思いきや・・・。

また直後にSC突入。

Team WR

バックストレートエンドで2台がぶつかっていたり、かと思いきや
タイヤがもげる車輌がおったり。

砂遊びは当たり前のような光景と化しつつある中、何だかんだと3回目のSCが入った時に、
丁度レース開始より45分ほどが経過していたため、ドライバーチェンジすることに。

Team WR Team WR

第二走者の区間も結構、波乱万丈がございまして。

SC中に前方の車がスピンしてみたり、コース上にオイルが撒かれたり。
と思ったら、突如として雲行きが怪しくなってきて雨が降ってみたり・・・。

とは言いながらも、さすがにレース経験者。

途中から雨が止んだこともあり、中盤からはコンスタントに18秒台前後をマーク。
2’17.692という、本日ベストラップまで叩き出して下さいました!!

大分、コツを掴んでノリにノってらっしゃったので、ちょっと長めに1時間15分ほど
楽しんで頂いた後、旧赤い屋根の彼にドライバーチェンジ。

Team WR

恐らく、1日を通して一番安泰だった時間ではないでしょうか。

初めてのサーキット(予習はたくさん)、初めての車にして、なかなかの安定した走り。

初っ端から19秒~20秒台でコンスタントにタイムを刻んでゆきます。

Team WR

壇ミツ浦、密かにライバル心を燃やしておりましたが、この時点で意気消沈。

今レース、義務ピット回数は4回のみ、と言ったレギュレーション?
特に給油回数も指定されてはいないのか?

と、土壇場になって規則がよく分かっていない面々。

なるべくなら給油はしたくないところですが、どうもギリギリ足りない模様。

そこで、次のドライバーチェンジの際に給油も行うことに。

はい、そんなわけでおよそ50分ほど。走ってきていただいたところでちょうどSCが。

このタイミングでドライバーチェンジなのですが、次は壇ミツ浦ですので写真はございません。

少人数で行っておりますので、トルクレンチは握るわ、給油の消火器は持つわ、
それが終わったらドライバーもするわと、今までに類を見ない一人三役ぶりです。

で。肝心の壇ミツ浦。走りっぷりは・・・20点くらいでしょうか?(不明)

それと言いますのも、最初はSC中に肩慣らしと調子良く走っていたんですよ。
頑張って前の車に追いついておりましたし。多分。

ところが、途中で大粒の雨が降ってまいりまして。

それはもう、目の前で雨が降ってるのが分かるんです。

コーナー抜けたら、止んでるんです。

怖いですよ~~~。

そして壇ミツ浦、雨の日のサーキットは体験したことがございませんで。

コーナーに入るたびに、ハンドルを切っても車体が明後日の方向に滑っていくんですよ。

急にグリップが復活して、タコ踊りになるし。

あまりに挙動がおかしくて、アルトバン、壊したんじゃないかと思いましてね。

ビビリミッター全開で、ドライバーチェンジを要求しましたのは走り出しておよそ15分後のことでした。

無線でコミネッティから、まだ準備できてないからもう少し走って!!

と指令があったのに、1周回ったら怖さが勝ってしまいまして。

2周目でピットインしたら、ドライバーの準備ができておりませんでした。

そんな感じで慌しく出走したのは店長。

無線で『フロントタイヤが全然食いつか~ん!!』と嘆いていたとか、何とか。

最終コーナーで、全く接地感が無かったそうです。

ダブルヘアピンなんて、やっぱり明後日の方に滑っていくし、と。

それでも、足を使って曲がれば、まだ何とか走れるのだそうで、やはり未熟な壇ミツ浦でございました。

かくして残り、およそ45分。

Team WR

と思ったら、延長10分。

Team WR

無傷でレジェンド店長、帰還。

Team WR Team WR

ジュラコンのEgマウントを作って下さった、三男けんちゃんさんも無事にフィニッシュ!!

Team WR

いやいや、本当にお疲れ様でした。ご無事で何より。

Team WR

クールダウンが終わったら、まるでスーパーGTのようにメインスタンドへ向けて並べます。

ずらっと一通り、どうぞ。

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

Team WR Team WR Team WR

Team WR

アルトバンの多いこと。

1チームで2台以上のリレーにすることも可能なため、正式な出場台数ではございませんが、
およそ20チームほどでアルトバンがエントリーしていたようです。大人気ですね!!

その傍らでは、表彰式の準備。表彰台は、コントロールタワー2階の前辺り。

これは、さぞかし見晴らしが良くて、気分が盛り上がる表彰式になるでしょうね!!

Team WR

余談ですが、メインストレート横の芝生には、タイヤカスがたくさん散らばっております。

Team WR

接地感が全くと言って良いほど無かった、タイヤの状態。前後。と、後で撮ったアップ。

Team WR Team WR Team WR

タイヤの接地面に手を当てたら、角の部分だけが当たって、まるでナイフに手を当ててるような感じでした。

タイヤの使い方については、まだまだこれから、たっぷりお勉強です。

その後は、パレードランの為に隊列を組んで・・・。

Team WR

表彰式。

クラス1は不在。クラス2位は、撮り損ねました(えぇ!?)

クラス3位より。

Team WR

クラス4位。

Team WR

クラス5位。

ちなみに、三男けんちゃんさんこと、Ken’z CRAFTエッセは、惜しくも、本当に惜しくもクラス4位。

総合13位と大健闘されておいででした。

Team WR

クラス6位。

Team WR

先にも述べましたが、今回のTeam WRの結果は・・・。

総合25位!!クラス8位!!

トロフィーこそ持って帰れませんでしたけれども、6クラスだけでも18台いることを考えたら、
これだけ未経験者揃いの中、なかなかの健闘ぶりだと思うのですが・・・。

いや、しかし、もちろん!次は上しかありませんね!!

今回の結果をかてに、来年、より上位を目指して再び参加したいと思います!!

こんな素人集団でも、楽しく、それなりに楽しめるんです。

ぜひぜひ、未経験ですとか、初心者の方にこそ参加して頂きたいレースでございます。

壇ミツ浦が表彰式の撮影にかまけている間に、皆様、片付けがほぼほぼ進んでおりまして。

ちょちょいっとお手伝い致しましたら、帰る準備が整ってしまいました。

いつもの通り、ここで終わりの会です。

Team WR

みんなで、記念撮影。

Team WR

こうして、帰路に着いたのは18時半頃。

道こそ混んではなかったですが、途中のサービスエリアでご飯しながら、店に帰り着いたのは21時半頃?

そこからザーーーッと荷物を降ろして、各自が家に帰ったのが22時半頃。

本当に、長い長い1日でございました。

皆様、1日お付き合い下さいまして誠にありがとうございましたm(_ _)m

また、こんなイベントがあったら是非ともご参加下さいましねー!!