21 201307 Team WR

初めての、軽耐久レポート。

早速ですが、当店初の試み軽四耐久レースのレポートです!

昨日、セントラルサーキットで午前11時より5時間の本戦が行われました。

はてさて、結果は・・・!?

総合7位!!

クラス4位!!

と相成りました。

ちなみに・・・全出場台数は11台です(笑)

とは言えど、全員レースには初めての出場。

かつ、ほとんどセントラルサーキットを走ったことがない人&サーキット初心者の集まりの中、
5時間もの長丁場を完走できたことは、今回のレースにおいては大成功だったと言えるのでは
ないでしょうか?

色々ご報告したいことはたくさんあるのですが、まずは手短に写真を交えて
ダイジェストでお送りいたします。

TeamWR altovan

午前7時過ぎ。ピットに到着し、積車からアルトバンを降ろして準備を始めたところ。

TeamWR altovan TeamWR altovan

例によって例のごとく、大量の荷物(机やイスなど)を軽バンから手際よく降ろし、一通り準備完了。

みんなで束の間の休息。

オプ2お遊び耐久と比べると、雰囲気も穏やかな感じでほのぼのとしておりました(*^-^*)

TeamWR altovan TeamWR altovan

一休憩後、再び準備開始。

出走車輌に計測器を付け、サインボードエアリアにテントを設置とサインボードの準備の図。

TeamWR altovan

そんなこんなで8時になりまして、ドライバーとチーム責任者はミーティングへ。

その後、私どもセントラルサーキット初心者が大半のTeamWRは、引き続きセントラルサーキットでの
説明も受けました。
とは言っても、そんな大層なことではなく、フラッグの意味と対処法などなどです。

あっ、ちなみに!サーキット走行自体(ほぼ)初めてと言う私のために、助言を一つ、頂戴いたしました。

『サーキットは・・・一方通行ですから(^-^)』

なるほど!分かりやすいご説明、ありがとうございました(笑)

TeamWR altovan TeamWR altovan

さて。そんなこんなで戻って来たら、フリー走行30分、その後ちょっと休憩のちタイムアタックへ。

で。我らがTeam WRのスタートグリッドはと言いますと・・・絶好調の11番手。

全出場台数、何台でしたっけ?

・・・そして、車をグリッドに移動させた後はピットウォークの時間。

記念撮影やら取材やらで、賑わっておりました。

特に、まっ黄色のカナリアカラーな当チームが。

TeamWR altovan TeamWR altovan

そんなこんなで決勝レースが始まりまして、パラパラ応援に来てくださる方が。

到着次第、問答無用でお手伝いの係りを割り振られるお兄様方。

ストップウォッチを渡され、ラップタイムを計測。
はたまた、サインボードでラップタイムをドライバーさんに教えてあげたり。

いかんせん、スタッフ人数がギリギリだったものでして・・・とても助かりました!
本当に、ありがとうございました!!

TeamWR altovan

そんな合間にも、軽自動車の雑誌、HOT-Kさんの取材を受ける店長。

TeamWR altovan TeamWR altovan

と、2回目のドライバーチェンジの際に異常発見!
下廻りでオイルの類が飛び散りまくってるとのこと!!

大慌てでまっちゃんがパーツクリーナーで拭きまくり原因を探ると・・・ブーツからグリースが!

他に異常は見当たらなかったので、ひとまずレース続行。

TeamWR altovan

結局、ドライバー5人で、ざっと単純計算で1人60分ほど走行して丁度一巡で、無事に完走いたしました!!

レース終了直後の図。

なんだかやっぱり、平和な図。

TeamWR altovan

ちなみに、こちら。

以前、764号 スターレットのエンジンをオーバーホールして下さいました店長の弟さんの鈑金屋さん、
Ken’s CRAFTさんところのエッセさん。

同じクラスで出場しておりまして、こちらは見事、総合・・・何位でしたっけ?

クラスでは優勝されておられます。

みんな速い速い、ドライバーさんは店長さんとお客さんなんですが、みんなぶっちぎりで
1週2’00切りなんです。

我々も腕を磨かなければ・・・。

TeamWR altovan

穏やかな空気感のまま、片付け→表彰式→終わりの会となりました。

今回の課題としては、レギュレーションの認識不足も多々ありましたので、次回までには
もう少し車をキッチリ仕上げておきたいこと。

そのためにも、ドライバーさんには、もっと○○できるようなセッティングにしてほしい、と
言えるようになってもらいたいこと。

ドライバーさんからは、面白い車だから、また乗ってみて、この車で練習したい、と
おっしゃって頂きました!これは非常に嬉しいお言葉でしたね。

また、他の人にも、是非とも乗ってみてもらいたい車だとも。

そうですね、動きが分かりやすく、車重が軽くて速度域も低い中で簡単に挙動が変わる車ですので、
練習にはもってこいの1台かもしれません。

速度域が低い=壁にぶつかる前に車が止まる、ってことで意外と安全ですし(笑)

今回は、トロフィーこそ持って帰れませんでしたが、各々何か掴めるものがあったようです。

これって、トロフィー以上に大きなものを持って帰れてるってことですよね?

初めての挑戦で、私たちも何の情報もないまま手探りの状態で始めた企画ではありましたが、
思っていた以上の収穫に、大いに楽しめた価値のある1日だったと思います。

TeamWR altovan

最後に、記念撮影。

相変わらずアホ(関西流の褒め言葉です!)な皆様でございます☆

ドライバーを始め、お手伝いに駆けつけて下さった方々、例によって例のごとく、たくさんこき使いましたが、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

毎度、同じことしか言えませんが、耐久レースは皆様のチームワークがあって、初めて成立するものです。

今回、オプ2お遊び耐久レースでいつもドライバーをして下さってる方が、いつも裏方をしてもらってるので
今日は自分が裏方を手伝います!とのことで来て頂いてたのですが、そこでいつもと逆の立場に立ってみて、
改めてどのスタッフが欠けてもレースを運営していけない、という事をしみじみ感じることができたようです。

まだまだ軽四のレースについては情報が少なく、次にどこでレースが行われるかも分からないので、何とも断言
できませんが、せっかく車も作ってしまいましたし、また近々参戦して行きたいな、と思っております。

その際には、また告知していきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します!