11 201304 Super GT

2013 SUPER GT #22 グリーンテック SLS AMG 4月6日(土)、4月7日(日)の結果!

なかなか、ご報告がリアルタイムにできず、申し訳ございません。

あと、まだTEAM RQ’sよりレポートが届いておりませんので、詳細はまた後日、お知らせしたいと思っております。

さて、去る4月6日、7日と、岡山国際サーキットにてSUPER GT 2013seriesの開幕戦が行われました。

とは言いましても当方、お仕事がありますゆえ、お店に居ながらにしてニコニコ動画の中継を見ながらの応援です。

お天気は天気予報の仰るとおりな大雨。風も強そう。非常にバッドコンディションの中、レースは始まりました。

それでなくても恐怖の第2コーナーなんて、雨のせいで川が流れてます。これで何もない方が奇跡ってなもんです。

 

最初は予選のタイムアタック Q1から。

しかし案の定、一筋縄で進行するわけもなく・・・。

コースも冷たければタイヤも温まらず、スピンのオンパレード。赤旗が3回も振られる、大波乱のQ1となりました。

このうち上位13台がQ2へ進出して、この中で再度タイムアタック、グリッド順を決定。という流れになりますが・・・。

あわやスピン!という場面も見られた#22 グリーンテックでしたが、残念ながらタイムはQ1で1’52.725、16位でしたのでQ2進出ならず。

決勝は16番グリッドからのスタートと相成りました。しかし、無事で良かったですよ。

その後も雨は弱まる気配を見せず、ひどくなる一方だったため、GT500のQ2は中止となりました。

やはり、安全第一、ですよね?

 

かくして翌日、7日(日)開幕戦 決勝レース。

心配の天気のほうは、なんとか晴れ。しかし、路面はウェットなので、タイヤにはあまり嬉しくない感じ?

また、BBQ中止の理由ともなりました風が、店長の想像通り吹き荒れる始末。まー、寒いったらございません。多分。

こんな状況の中、レースは始まりました。

 

で。結果から先に申し上げますと、我らが#22 グリーンテックはチェッカーこそ受けたものの、規定周回(53周)に及ばずリタイアとなりました。

実際には38周しか出来なかったようです。

一体何が起こったのか!?

遡ること、およそ30周の頃。ドライバーは、いまだ交代もなく和田氏。スタート時から変わらず、順調に15位辺りを走っていました。

・・・が、どうにも右リヤに違和感を感じ始めた、和田氏。

段々、右リヤがガタつき始めため緊急ピットイン。

クルマを上げて見ると、右リヤホイールが少し緩んでいる・・・。
ホイールを外して点検。すると、(※)ホイール裏側のピンの受け用の穴が楕円形に変形していることに気が付くメカニックさん。

(※)F1をはじめレーシングカーのホイールは、一般乗用車のようにナット4,5個で留まっているわけではなく、真ん中に1つあるナットで留めるセンターロックナット方式が採用されてます。が、(今回聞いたのは、GTカーのお話)実はハブの方からは、普通の乗用車みたいに5本くらいピン(ネジではない)がニョキっと生えているんだそうです。ホイールの裏面には、そのピンが入る穴が開いており、きちんと位置を合わせてからでないとホイールが付けられないんですって。あいにく、そこまで意識して撮られた写真がないので、分かりにくいかもしれませんが・・・。
↓一応、参照画。

TEAM RQ's #22

アップにしてみます。

TEAM RQ's #22

分かりづらいですが・・・気合で見て下さい。そうっ、心の目を開眼するのですっ!
なんだか気持ち、ピンらしきものがニョキっと生えているのが・・・見えます。絶対、見えます。

ちなみに、ホイールの表面はこんな感じです。

TEAM RQ's #22

話を戻します。
推測としましては、右リヤの足廻りのいずれかの部品が振動したことで、このピンが突き刺さるためにホイール裏面に開いてる穴がゴリゴリ削られて楕円形に広がり、隙間が出来たことでホイールが動きセンターナットが緩んできてしまったのか、どうなのか。

原因は分かりませんが、何らかの対策を取っていかないと、にっちもさっちも分からず仕舞いのまま。
ひとまず、ブレーキから何からバラバラにして組み直すこと、およそ1時間強。

修理が完了した頃、レース展開は70周のあたり。
ドライバーを城内氏とチェンジして、再スタート!

その後は、レース終了まで走りきることが出来ました。

結果、トータル38周。規定周回53周に及ばず、リタイヤとなりました。

 

車体だけに関わらず、まだまだ課題は盛りだくさん。また、この辺りのお話も詳しくお伝えしていきたいと思います。

とは言いつつ、優秀なベテランスタッフさんが勢ぞろいのRQ’sですので、きっと次戦までにはキッチリ直して万全の態勢で戦ってくれることでしょう。

そんな次戦は、2013 AUTOBACS SUPER GT 第2戦 FUJI GT 500km Race 4月28日(日)、29日(月・祝)となっております。FUJIなので富士スピードウェイです。はい。静岡県です。

常連のお客様方、チケット手に入りますからお気軽に応援へ~!
とは、さすがに言えるような場所ではございませんが、もしお近くにお住まいの方で、レースを生で観戦してみたい!!と思われてる方は、当店までお問い合わせ下さい。

ご当地では、こんな可愛らしい、お姉さま方に会えますよ!

という訳で、遅ればせながら今年度のRQ’sのレースクイーンたちをご紹介いたします♪
その名も『グリーンテック ビューティエレガンス』!!今年は3人による構成です。
残念ながら、なぜかこちらも3人一緒に写ってる写真がないという微妙な感じなのですが、お一人ずつご堪能ください(?)

TEAM RQ's #22

↓ブログはこちら
秋葉ちひろオフィシャルブログ「ちぃーさいず」

まずは、2011年RQ’sレーシングエンジェルスの頃から応援して下さっている『秋葉ちひろ』さん。今年で3年目。いつもお世話になっております。
こっちを向いてないのは、ご愛嬌。しかし、残念すぎる・・・。

余談ではございますが(いえ、むしろココ、大事なんですが)、ちひろちゃん(ちゃんで良いのかな?)の隣に写っておりますのが、何を隠そう、新監督のアノ方です!

クリス~マッス キャロルが~
流れ~る~ 頃には~

な、稲垣潤一さん。本当に監督さんなんですよ!ヘッドセットも装着して、バシバシ指示を飛ばしてらっしゃったそうです。

さらに右隣にいらっしゃるのが、城内ドライバー。
右端におわすのが、いつも大変お世話になりすぎていて頭が上がりません、前監督の佐川プロデューサー(?)です。
チームの運営、戦績等、色々と当店に報告して下さってるのが、この方。
新監督の稲垣さんに、アノ手コノ手で話を取り付けて来たのも、この方。
非常にやり手ですが、フトコロの深い男気溢るる方でございます。

さて、次。

TEAM RQ's #22

↓ブログはこちら
月奈のブログ

続きましては『倉本月奈』さん。グリーンテック ビューティエレガンスの中では、最年少。
ピチピチです。スベスベです。とっても羨ましいです。
1ヵ月たこ焼きを食べ続けても良いと思えるくらい、筋金入りの関西女子です(たぶん)←ブログ参照。

今度、たこ焼き差し入れしてみようかな。

TEAM RQ's #22

↓ブログはこちら
『MIUの夢への道のり』

最後になりました、天使の微笑みが素晴らしい『MIU』さん。モデル志望だそうです。
既に色々なところで活躍されていらっしゃいますが、志は高いようです。

ぜひ、グリーンテックでの経験を踏み台にして、活躍の場を広げて頂きたいですね!
その為には、もっともっとRQ’sにも頑張ってもらって、あわよくば表彰台に上って頂かなくてはなりませんね!!

以上、今年のレースクイーンのご紹介でした。
どうですか?会いたくなってきたでしょう?
生で!動く!可愛いお姉さまをカメラに収めたい!方は、サーキットへお越し下さい☆

次回へ続く…。